セクハラの訴え、フェミニンな女性は信用される傾向に

セクハラの訴え、フェミニンな女性は信用される傾向に

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2021/05/02
No image

米非営利団体ストップ・ストリート・ハラスメントは数年前、職場で何らかのセクシュアルハラスメントを経験していた女性の割合は81%にも上るとの衝撃的な調査結果を発表した。これには、言葉によるハラスメントから性的暴行まで含まれており、女性が職場で直面する問題の規模を浮き彫りにしている。

セクハラの個別事例への対応は、その内容に基づいて行われることが期待されるだろう。だが、残念ながら実際にはそうではないことを示した研究結果が、米ワシントン大学により発表された。それによると、年齢が若く、振る舞いや見た目が女性らしい、一般的に魅力的とされる女性の方が、セクハラの訴えをはるかに信じてもらいやすいのだという。

これはつまり、職場でのセクハラはあらゆるタイプの女性が被害を受けているとみられるにもかかわらず、こうした条件に当てはまらない女性たちはそれを証明しづらい状況にいるということだ。

被害者支援の不平等
4000人以上が参加したこの研究では、セクハラは「典型的な」女性のみの問題だとする認識が強いこと、典型的な女性像に当てはまらない女性はたとえセクハラを受けても実害はないと考えられがちなことが示された。研究チームは「それがもたらす結果は、セクハラ被害者の狭い定義に入らない女性にとって非常に深刻だ」と述べている。

研究チームは、セクハラに関する人々の認識を調べるため、一連の実験を実施。セクハラ行為の例として、明らかに違法なものから、比較的無害なもの、曖昧だが不適切と言えるものまで、さまざまなシナリオを用意した。

参加者はそれぞれのシナリオで被害者となるであろう女性のタイプを描写するよう指示された。その後、男性的または女性的に見えるよう加工された一連の顔写真を見せられ、それぞれのシナリオに出てくる女性に一番近い写真を選んだ。また、そのシナリオがセクハラに当たるかどうか、ハラスメントによりどのような害があったか、どのような対応をすべきかを答えた。

結果、参加者らが持っていたセクハラ被害者のイメージは一貫して、一般的に女性的とされる特徴(若く、魅力的で、フェミニン)を持っていた。女性的であることとセクハラの被害者と思われることの結び付きはとても強く、参加者はある女性がセクハラを受けたと知ると、その女性がより典型的な女性だと考えるほどだった。

また、全く同じシナリオであっても、被害者が典型的な女性像に合致しない女性の場合、セクハラだとみなされない傾向にあった。こうした女性たちはセクハラを受けたことを信じてもらえないだけでなく、セクハラを受けても害がないと思われ、加害者が罰を受ける必要もないとみなされた。

もちろん、典型的な女性像を構成するのは身体的特徴のみにとどまらない。研究チームは、人種や性的指向、民族なども、セクハラ被害者として認識されやすいかどうかを左右する要素となると考えている。#MeToo運動では魅力的な白人女性に注目が集まることが多いため、この問題はおそらく悪化しているだろう。

この実験結果からは、セクハラの訴えの信用度や被害がさまざまな要因により過小評価されることで、人々を守るための法律が意図通り機能しない恐れがあることが示されている。こうしたゆがみをより深く理解することで、公正な裁きが実現する可能性が高まるかもしれない。

研究チームは「非典型的な女性が受ける害についての認識が偏っていれば、法的な結果は大きく変わるだろう」と結論。「信じてもらえなければ、沈黙させられているのと同じだ」と指摘した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加