Samsung、業界最小の14nmプロセス採用DDR5を量産開始

Samsung、業界最小の14nmプロセス採用DDR5を量産開始

  • PC Watch
  • 更新日:2021/10/14
No image

Samsung Electronicsは12日(現地時間)、業界最小を謳う14nmプロセス採用のDDR5メモリを量産開始したと発表した。製造には極紫外線露光(EUV)技術が採用されており、これも業界初としている。

14nmのEUV露光により業界最高の容量密度を実現し、ウェハ全体の生産性を20%向上させたという。また、従来のDRAMノートと比較して20%近い電力削減も実現したとしている。最大転送速度は7.2Gbpsで、従来の3.2Gbpsの2倍以上を達成した。

Samsungでは今後DDR5のポートフォリオをデータセンターやスーパーコンピューター、エンタープライズサーバーにまで拡張する予定。加えて、チップ密度を24Gbまで拡張することで増加するデータの需要に応えるとしている。

No image
No image

劉 尭

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加