あまり似ていない兄弟・姉妹芸能人TOP10、3位「ひよっこ」女優姉妹

あまり似ていない兄弟・姉妹芸能人TOP10、3位「ひよっこ」女優姉妹

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2020/11/21
No image

芸能界にはさまざまなタレントや俳優、芸人やアイドルがいます。個性的な外見やキャラクターを持つ芸能人はかなり記憶に残ります。また注目される人も時代や環境によって異なります。今回はそんな芸能界の中でも兄弟や姉妹で活躍している人物にスポットを当ててみました。兄弟や姉妹で活動している人たちは、血がつながっていることを前面に出している人もいれば、メディアが取り上げたことでわかる人もいます。そうした京大や姉妹の中でもあまり似ていないと感じた芸能人を集めてみました。どんな人物がランクインしているのか見てみましょう。

■質問内容

あまり似ていない兄弟・姉妹芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:中川剛&中川礼二(中川家) 25.0%

2位:倖田來未&misono 17.0%

3位:有村架純&有村藍里 15.0%

3位:石田ゆり子&石田ひかり 15.0%

5位:高橋一生&安部勇磨 14.0%

6位:松田龍平&松田翔太 13.0%

7位:中山忍&中山美穂 12.0%

7位:北野武&北野大 12.0%

9位:広瀬アリス&広瀬すず 11.0%

10位:花田虎上&花田光司 9.0%

■面白いけど似ていない兄弟「中川家」

今回ピックアップした芸能人は「中川家」です。中川家は剛さんと礼二さん二人の兄弟による漫才コンビです。吉本興業に所属している芸人で、人気と実力を兼ね備えた兄弟です。この二人は兄弟ということを前面に出して漫才をやっています。非常に面白く実力派漫才コンビとして人気があります。兄は剛さんで弟が礼二さんですが、兄弟というにはあまりにもが意見が似ていません。兄の剛さんは小柄で礼二さんの方は身長が大きいです。

しかしこの二人のバランスが面白く見た目でも漫才でも笑わせてくれる優秀な漫才コンビです。兄のボケに切れ味鋭い突っ込みが入るというのが定番となっており、一度彼らの漫才を見ると絶対に笑ってしまうほどです。

そんな彼らは1993年から芸人として活動を開始します。初舞台となったのは活動開始した1993年です。二丁目劇場でデビューした彼らは、その後キャリアを重ねていきます。2001年に開催された「M-1グランプリ」で優勝しさらに注目されるようになります。M-1グランプリは吉本興業が主催するイベントで若手漫才師たちの漫才コンクールです。

才能やセンスのある芸人たちが参加しており、その本気度は高いです。このM-1グランプリの開催が始まったのは2001年となっており、中川家は初代チャンピオンとして輝きました。M-1グランプリで優勝したことで注目され、その後も順調にバラエティー番組や漫才など精力的に活動しています。気になる方はぜひ「中川家」をチェックしてみてください。

2019年8月

調査対象:10~40代の男女

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加