【宝塚記念】クロノジェネシス、ファン投票貫禄トップ 20年から得票数約2倍!

【宝塚記念】クロノジェネシス、ファン投票貫禄トップ 20年から得票数約2倍!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/17
No image

ファン投票1位で宝塚記念に向かうクロノジェネシス(撮影・石湯恒介)

「宝塚記念・G1」(27日、阪神)

JRAは10日、宝塚記念ファン投票最終結果(有効投票総数160万5151票)を発表した。トップ票を集めたのはクロノジェネシス。2位コントレイルに2万票近い差をつけ、20年の有馬記念に続き、1位の座を射止めた。グラスワンダー以来のグランプリ3連覇なるかに注目が集まる。

20年の有馬記念に続く、ファン投票1位の支持を集めたG1・3勝馬クロノジェネシス。獲得した13万7448票は、20年時の6万9182票の約2倍だ。20年は春秋グランプリ制覇を飾り、JRA賞特別賞も受賞。その活躍を評価されてのものだけに、斉藤崇師は「多くのファンの方々が投票してくださり光栄です。それに恥じない、いいレースをしたいです」と改めて気を引き締めた。

勝てば13&14年のゴールドシップに続くレース連覇。20年の有馬記念を含むグランプリ3連勝となれば、98&99年有馬記念と99年宝塚記念を制したグラスワンダー以来で、21世紀初の快挙だ。「結果としてそうなればいいですが、意識するというより、いい状態でレースに出すというのが厩舎としての仕事。来週、再来週ときっちりやるだけです」。地に足をつけ、日々の調整に全力を傾けていく。

前走のドバイシーマクラシック2着で、初の海外遠征も経験。指揮官は「今は落ち着きが出て、ドシッとして動じない強さがある。海外に行ったのがいい方に出ていますね」と精神面の成長を実感する。今回は主戦の北村友が負傷離脱中のため、ルメールとの新コンビで臨む。「来週、再来週と追い切りに乗ってもらおうと思います」。人気と実力を兼ね備えた芦毛の女王が、ファンの後押しも力に変え、G1・4勝目をつかみとる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加