【甲子園】6日開会式 入場行進は主将のみで行うと発表 5校が集団感染し苦渋の決断

【甲子園】6日開会式 入場行進は主将のみで行うと発表 5校が集団感染し苦渋の決断

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/08/06
No image

6日に始まる第104回全国高校野球選手権大会の開会式は、チーム全員が参加する予定だった入場行進を、主将のみで行うことになった。5日夜、大会本部が明らかにした。この日、緊急対策本部の会議で、県岐阜商について新型コロナウイルスの集団感染と判断し、九州国際大付(福岡)についても複数の体調不良者がいることが判明。選手は午前に甲子園でリハーサルを行っていたが、感染拡大防止の観点から、主催者は苦渋の決断を下した。

3年ぶりの選手全員による入場行進は、リハーサルのみで終わった。集団感染と判断された学校は、浜田(島根)、帝京五(愛媛)、有田工(佐賀)、九州学院(熊本)に県岐阜商が加わり、九州国際大付にも複数の体調不良者が。主催する朝日新聞社の山本秀明・高校野球総合センター長は「感染拡大防止のため、選手が集まったり、近い所にとどまる事態は避けるべき」と主将のみの行進とした理由を説明した。

開会式前夜の突然の変更には「甲子園まで勝ち進んで来た選手たちが、試合を行えるために」(山本氏)との考えが根底にある。浜田、帝京五、有田工、九州学院は、組み合わせ抽選で最も遅い登場となる第8日に振り分けられた。昨夏、宮崎商、東北学院(宮城)が辞退を余儀なくされたことを踏まえてのものだ。

県岐阜商は、第4日第4試合で社(兵庫)と対戦する。抽選後の日程変更について、山本氏は「厳しい」との認識を示していたが、この日の会見では「何らかのことでできることは本当にないのか。検討しなければならない」と話した。ただし、選手が回復する時期が不透明なため「現時点では具体的な検討に入ることはできない」としている。

リハーサルを行いながら、選手全員での行進ができなくなるのは、過去に例がないという。前出の6校は、6日の開会式を欠席。43校の主将が、地方大会の優勝旗を掲げて行進する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加