Windows 10でスリープモードが無効になるバグの修正方法

Windows 10でスリープモードが無効になるバグの修正方法

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2020/09/17

Windowsの2020年9月のセキュリティ更新プログラムで、ついにSSDを危険に晒す頻繁にデフラグする動作が修正されました。

ただ、残念ながらこのために、スリープモードが無効になる困ったバグが出るユーザーもいます。

突然スリープモードが止まったら…

自分のパソコンが突然スリープモードを停止したり、最初からスリープモードにならない場合は、おそらくバグが発生しています。

同様のエピソードが、2020年9月のアップデートが公開された後のサポートのスレッドやバグレポートに上がっています。ノートパソコンを閉じたままなのに起こるという報告もあります。

どこかで聞いたことがあると思ったら、2020年5月のアップデートでも同じようなバグが発生していました。

嬉しいことに、5月のバグを修正したのと同じ回避策が、今回の件でも効果があるようです。

Windows 10のスリープモードのバグを修正する方法

スリープモードが動作しなくなるバグは、インストール待ちのオプションのシステム更新がある場合や、Windowsが夜間自動的に更新をインストールしようとする場合に起こります。

この問題を解決するには、Windowの設定を開き、「更新とセキュリティ > Windows Update」に行き、すべての更新をダウンロードします。

ダウンロードが終わったら(もしくは更新ファイルがすでにダウンロードされている場合は)、それを適用するためにパソコンを再起動しなければなりません。

インストールして再起動するには少し時間がかかる可能性がありますが、これは非常に重要な手順です。

再起動後には、スリープモードは通常の動作に戻っているはずなので、できればすぐに再起動しましょう。

それでも解決できない場合

これでも問題が解決しない場合は、うまくいくかもしれないもう少し上級者向けの方法もあります。

No image

Screenshot: Brendan Hesse

Windowsのタスクバーで「Services.msc」を検索。

検索結果から「サービス」アプリをクリックし、実行する。

スクロールダウンし、「Windows Update」をクリックして、一覧の中でハイライトにする。

「停止」をクリック。

「開始」をクリック。

「再開」を選ぶ。

「サービス」アプリのウィンドウを閉じ、Windows 10の設定を開く。

「更新とセキュリティ > Windows Update」に行く。

「Windows更新プログラムを確認する」をクリック。

更新プログラムがインストールされたら、パソコンを再起動する。

スリープモードの問題がまだ発生していなくても、数週間前に紹介した自動デフラグのバグのパッチがあるので、2020年9月のセキュリティ更新プログラムをインストールする価値はあります。

Windows 10のバグでSSDの寿命が縮まる可能性。対応策は?

Windows 10は、外付けハードドライブを挿した時や、パソコンを起動した時に毎回デフラグをしていたので、SSDに不要な負担がかかり、消耗している可能性があります。

2020年9月のセキュリティ更新プログラムをインストールした後で、先ほどの記事で説明している回避策を元に戻せば、SSDを消耗せずに使える状態に戻ることができるはずです。

あわせて読みたい

Windows 10のバグでSSDの寿命が縮まる可能性。対応策は?

Windowsのセキュリティパッチがリリース。120の不具合に対応

No image

BUFFALO USB3.1Gen1 ポータブルSSD 1TB 日本製 PS4(メーカー動作確認済) 耐衝撃・コネクター保護機構 SSD-PG1.0U3-B/NL

10,586円

No image

Image:Billion Photos/Shutterstock.com

Screenshot: Brendan Hesse

Source:Windows Latest

Brendan Hesse - Lifehacker US[原文

的野裕子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加