7割以上の児童・生徒に学力の向上 福島県の小学4年生から中学2年生を調査 約7万人が参加

7割以上の児童・生徒に学力の向上 福島県の小学4年生から中学2年生を調査 約7万人が参加

  • 福島ニュース 福テレ
  • 更新日:2021/11/25
No image

福島テレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

福島県は県内の小学4年生から中学2年生を対象に、学力や生活の状況を調べる「ふくしま学力調査」を実施していて、2021年の調査には県内の小中学校638校から約7万人が参加した。

2020年は新型コロナの影響で実施されなかったため、前回と比較ができる小学6年生と中学1・2年生の結果を分析したところ、7割以上で学力の向上が確認された。

一方、テレビゲームをする時間が長くなるほど学力の高い児童・生徒の割合が低くなる傾向が見られた。

福島県は、調査結果をふまえて学校と連携しながら学習方法や生活習慣の改善に繋げたいとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加