東山紀之、近藤真彦の退所に疑念「すごく薄っぺらく感じる」

東山紀之、近藤真彦の退所に疑念「すごく薄っぺらく感じる」

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/05/02
No image

少年隊の東山紀之(54)が2日、メインキャスターを務めるテレビ朝日系ニュース情報番組「サンデーLIVE!!」(日曜午前5時50分、一部地域を除く)に生出演。4月30日をもってジャニーズ事務所を退所した先輩の近藤真彦(56)について言及した。

東山は神妙な表情で、「僕自身は今回の退所の仕方っていうことに、大きな疑問が残っているなあという感じがしていた。後輩たちにもファンの人たちにも何の説明も無かったので」とコメント。続けて「それは説明をしたくなかったのか、することが出来なかったのか、それともこれからするのか、どういう風になっていくのか見ていく必要があるなと思う」と厳しい視点を見せ、「僕らはたくさんのファンの人たち、スタッフの人に支えられていますから。それと向き合うというのは礼儀の一つだと思う」と持論を展開した。

近藤が東山について「後輩の教育がすごく行き届いている」「僕は割と“我が道を行く”で来ちゃっているが、東山は後輩の手本」などと語っていた過去のVTRも放送。近藤とは年齢が近いだけに、「マッチさんのために自分自身を犠牲にして助けてきたスタッフの方をたくさん知っているので、その人たちの思いは、マッチさんはどう受け取っているのかなって」と東山だからこその視点で語り、「そのことを考えると今のコメントでも、退所のコメントでもすごく薄っぺらく感じるんですね」と残念な思いを吐露した。今後について「これからどういう生き様を見せてくれるのかっていうのは、楽しみとかっていうのじゃなく、見せて欲しいなと思いますね」と期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加