【マイルCS】レシステンシア絶好枠!金浜厩務員「言うことなし」 馬体も計画通り

【マイルCS】レシステンシア絶好枠!金浜厩務員「言うことなし」 馬体も計画通り

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/21
No image

順調な仕上がりのレシステンシア

「マイルCS・G1」(22日、阪神)

5月のNHKマイルC2着以来の実戦となるレシステンシアは、1枠2番から挑むことに決まった。内の偶数枠。望んでいたポジションと言っていいだろう。担当の金浜厩務員は「言うことなしですね」と頬を緩めた。

20日朝は栗東坂路を落ち着いた様子で駆け上がり、4F70秒5-16秒6を計時。順調に仕上げを進めた。事前発表馬体重は514キロ。松下師は馬体の成長ぶりに目を細め、「落ち着いていましたね。1週前、そして今週と申し分ない動きをしてくれていますし、太いという感触もありませんよ」と話す。前走時(476キロ)も調教後の計測では500キロ。輸送で馬体を減らすタイプだけに、計算通りつくり込めたと言っていいだろう。

前走後、左第1指骨の剥離骨折が判明。そのためここからの始動となったが、調教で好時計を連発しており、ポテンシャルの高さは疑いようがない。「大きな変化はありませんが、春は連戦でしたからね。それに比べると、休み明けということもあって、落ち着きがあります」と指揮官は力を込めた。舞台は、阪神JFを2歳コースレコードで快勝した阪神芝1600メートル。全速全開を誓い、思いの詰まったステージに立つ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加