ソフトバンク田浦文丸がコロナ陽性 現在は自宅待機、発熱などの症状なし

ソフトバンク田浦文丸がコロナ陽性 現在は自宅待機、発熱などの症状なし

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/20
No image

ソフトバンク田浦文丸(2021年4月11日)

ソフトバンクは20日、田浦文丸投手(21)がPCR検査で新型コロナウイルスの陽性判定を受けたと発表した。同日に球団が自主的に実施しているスクリーニング検査にて陽性の疑いとなり、福岡市内の病院でPCR検査を受け、陽性が判明した。発熱、味覚障害、倦怠(けんたい)感、息苦しさなどの症状はなく、保健所の指示で自主待機している。

現在は保健所による濃厚接触者の判定を待っており、濃厚接触の疑いがある選手、スタッフについては自主隔離している。21日にチーム全員がPCR検査を受ける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加