仙台育英4連覇、エース左腕向坂6回8K0封/宮城

仙台育英4連覇、エース左腕向坂6回8K0封/宮城

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/08/01
No image

優勝報告会で「V4」ポーズで笑顔を見せる仙台育英の3年生メンバー(撮影・鎌田直秀)

<高校野球宮城大会:仙台育英8-2仙台>◇1日◇決勝◇楽天生命パーク宮城

第1シード仙台育英が投打とも充実した試合運びで夏の宮城4連覇を飾った。

2回に鈴木誠達内野手(3年)の先制2点二塁打などで4点を先取。7回までに7-0とリードした。投手陣も先発のエース左腕・向坂優太郎(3年)が6回3安打無失点、8三振を奪うなど危なげなく、5投手の継投で仙台を7安打2点に封じ込んだ。

決勝では、ベンチ入りした3年生20人全員が出場。大会を通じても3年生40人全員が出場、もしくは記録員で登録された。

仙台育英は宮城代表で9日からの東北大会(宮城・石巻市民球場)に出場。15日の甲子園交流試合では、第3試合で倉敷商(岡山)と対戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加