手触りと紙の美しさ 大人のためのリングレスノート

手触りと紙の美しさ 大人のためのリングレスノート

  • OVO
  • 更新日:2020/09/16
No image

紙、ノート、鉛筆。ものを書くのに必要な道具を「文房具」と呼んだわけだが、最近はほとんどパソコン。“手触り”のある道具はぜいたくになってきた。そんな大人のための文房具として、紙の美しさを楽しむリングレスなノート、「BUDDY」(バディ、シンセイ印刷・愛知県一宮市)が、クラウドファンディングサービスのMakuake(マクアケ)で販売されている。販売期間は11月9日まで。

No image

特長は紙の手触り。まるで起毛のようにふわふわした手触りの表紙に、書籍用紙のサラサラした感触と書き心地。金属が手に当たる不快感が無いリングレスだ。よけいなロゴやデザインがなく、上下左右裏表を問わないシンプルなデザイン。ノートを開いても背表紙にシワが寄らない。磁石が仕込まれていて、金属製のペンがくっつく、という遊びゴコロも隠されている。カラーはレッド、グリーン、イエロー、グレーの四色展開で、価格は一冊3,800円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加