コウチーニョ コパ・アメリカも欠場へ、担当医師が明かす「間に合わない」

コウチーニョ コパ・アメリカも欠場へ、担当医師が明かす「間に合わない」

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/04/07
No image

負傷続きのコウチーニョ

フィリペ・コウチーニョの回復には、まだまだ時間がかかる。5日(月)に半月板嚢胞の除去手術を受けたブラジル人MFは、FCバルセロナとブラジル代表でのシーズンに別れを告げた。

ブラジルに帰国中のコウチーニョ 左膝2度目の手術を実施

「コパ・アメリカには間に合わないと言えるだろう。すでにバルセロナで2回の手術を受けていたが、新たな手術が必要となった」とロドリゴ・ラスマル医師は『Globoesporte』の取材に対してコメントしている。

コウチーニョは、左膝の半月板の痛みを取り除くことができず、手術を受けるしか選択肢がなかった。これにより、今後数ヶ月間はピッチから離れることになる。

現時点では復帰の見通しは立っておらず、選手の居住地であるリオデジャネイロで療養生活を送ることになると思われる。コウチーニョの負傷問題は、FCバルセロナが持つ問題の一つとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加