在宅ワーカー必見! スタンド型と置き型を使い分けられるワイヤレス充電器が登場

在宅ワーカー必見! スタンド型と置き型を使い分けられるワイヤレス充電器が登場

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2021/01/14

みなさん、ワイヤレス充電器を使ったことがありますか? デバイスをケーブルにつながなくていいので、すごく便利ですよね。

今回ご紹介するワイヤレス充電器「PowerHold mini」は、スタンド型と置き型が1つになった2Way仕様。スマホやタブレットのスタンドにもなり、折り畳んで持ち運べることからも在宅ワークにおすすめです。

早速、詳細を見ていきましょう。

ありそうでなかった!?置き型&スタンドの組み合わせ

No image

Image: Untold Trading Post

「PowerHold mini」は、スタンドからワイヤレス充電器を取り外せるのが大きな特長。置き型のワイヤレス充電器とスタンド型の充電器が1つになっており、まさに痒いところに手が届く仕様です。

スタンド型として使えば、スマホを充電しながら動画視聴ができます。最大出力は15W。置き型なら、ワイヤレスイヤホンを充電することも可能。デバイスや用途にあわせて使い分けられるのです。

角度が変えられる!

No image

Image: Untold Trading Post

スタンドの傾斜角度を変えられるところも、見逃せないポイント。これができる充電スタンドは、なかなか珍しいのではないでしょうか?

好みに合わせて、直角(90度)から水平(180度)まで角度を変えることができます。

充電の減りを気にせず動画視聴

No image

Image: Untold Trading Post

スマートフォンやタブレットを充電しながらでも、YouTubeやNetflixなどを鑑賞可能。電池残量を気にすることがなくなります! これは、ながら作業が捗りますね。

また、充電パッドの背面から排熱することで、より安定した高速充電が可能に。スマートフォンやタブレットが熱くなるのを防ぎ、充電効率の低下を回避してくれます。

用途に応じて向きを変更!

No image

Image: Untold Trading Post

スマートフォンやタブレットを操作したい時には縦向き、動画を鑑賞する時には横向きに。充電パッドの位置を調整することによって、スマートフォンやタブレットの向きを変えることも可能です。

これで、横向きの大きな画面で動画を見ることができますね。

仕事やプライベートのお供に!

No image

Image: Untold Trading Post

これから、在宅で働く機会が増えてくると思います。しかし、場所を移してのリモートワーク、たまの外出もあるでしょう。

そんなときにもPowerHold miniは大活躍!本体重量はわずか212gで、手軽に持ち運べます。平たく折りたためて、カバンの中でかさばらないところも嬉しいですね。

出先で使いたい時もサッと取り出して使えるので、活躍の場面がたくさんあるでしょう!

「PowerHold mini」はmachi-yaでクラウドファンディングを開始したばかり。一般販売価格6,490円 のところ、 18%OFFの5,300円(消費税・送料込み)で支援が可能。カラーは、シルバーとグレーの2色展開です。

プロジェクトの詳細は以下のリンクからご確認ください。

>>【在宅ワーカー必見】1台でスタンド型&置き型の2WAYワイヤレス充電器

Image: Untold Trading Post

Source:machi-ya,YouTube

島津健吾

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加