だいたひかる、第1子出産に向け旅行断念「今の一番の目的は、安全に赤ちゃんを生む事」

だいたひかる、第1子出産に向け旅行断念「今の一番の目的は、安全に赤ちゃんを生む事」

  • ENCOUNT
  • 更新日:2021/10/14
No image

(C)だいたひかるオフィシャルブログ Powered by Ameba

「出産に備えるのも十分なイベントだと思う」

不妊治療を経て第1子妊娠しているお笑いタレントのだいたひかるが13日、「残念だけど…」のタイトルでブログを更新した。

「夫と年末年始の話をしていたのですが、旅行に行きたいけれど辞めておこうという話です」と旅行を断念したことを明かした。

5月に45歳で顕微授精により妊娠。来年1月30日に46歳で第1子出産を予定している。近場であれば旅行を検討できるものの、臨月に入る段階では大事を取った。

「今の一番の目的は、安全に赤ちゃんを生む事なので…二人だけの時間も最後だから、記念に行きたいのは山々なんですが」と後ろ髪を引かれつつ、「仕方ないですね」と割り切った。

「二人だけの生活は、8年も楽しんだんだから…年末年始は、ツーショットとか撮るだけで終わりそうですが健康に年明けを迎えて、出産に備えるのも十分なイベントだと思うので」と、赤ちゃん優先で前向きに捉えた。

この投稿には「夫婦水入らずの幸せな時間を楽しんでくださいね」「無事出産し、楽しみは後に残して、今を楽しみましょ!!」「万が一外出先で破水とかになったら大変ですからね」「旅行は無事に赤ちゃんが産まれて落ち着いてからいつでも行けますよ」「賢明だと思います。妊娠後期は動くのもしんどくなります」「早く出たがったりして陣痛とか始まったら」など多くの反応が寄せられている。

だいたは2013年5月にアートディレクターの小泉貴之さんと結婚。乳がんと闘病しながら、妊活を再開し、妊娠。順調な経過を送っている。

ENCOUNT編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加