【四国インターハイ2022】東山準決勝進出! セッター當麻理人が多彩な攻撃を演出し、近江を退ける

【四国インターハイ2022】東山準決勝進出! セッター當麻理人が多彩な攻撃を演出し、近江を退ける

  • 月バレ.COM
  • 更新日:2022/08/06
No image

拮抗した展開から東山が流れをものにしてストレート勝利

8月6日、「令和4年度全国高等学校総合体育大会バレーボール競技大会(インターハイ2022)」大会7日目男子準々決勝、東山(京都)と近江(滋賀)が対戦。東山がストレートで近江を下し、準決勝進出を決めた。

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

まず先取点を奪ったのは東山で、#3尾藤大輝がラリーから決める。対する近江はキャプテンの#1三杉遥がライトから、#10伊達清穏がBクイックを決め返す。

その後、東山が#5勝山翔太のアタック、207cm#2麻野堅斗のブロックアウトなどで追加点を奪うと、近江は#10伊達清穏のクイック、#9神戸世成のサービスポイントなどですぐに返していく接戦に。

僅差のまま、セット中盤を迎えると、東山は14-16から流れをつかみ、#3尾藤のアタック、相手のミスなどで5連続得点。勢い付いた東山は、ブロックポイント、ディグとディフェンスでもいいところを見せていく。近江は#2亀田隆真、#4森歩夢がアタックを決めるが、ブレークができず、点差が縮まらず徐々に開いていく。最後は#2麻野のキルブロックで25-16、東山が第1セットを奪う。

第2セット、開始から東山のセッター#6當麻理人のトスワークが冴え、#4花村知哉、#3尾藤、#10田中拓磨らが得点。好スタートを切って8-3とリード。

早めに追いつきたい近江はキャプテンの#1三杉を軸に反撃。少しずつ差を詰めていくと、相手のミスにも助けられて12-12と追いつく。その後は、近江は#4森、#1三杉らが、東山は#5勝山翔太、#2麻野、#10田中らが決めてサイドアウトが続け、緊迫感ある攻防が展開される。

どちらも譲らぬまま、セット終盤へ。東山は22-20のポイントで、#6當麻がブロックを決めてブレークに成功。直後、近江は#1三杉のアタックで21点目を奪うが、続くポイントで痛いサーブミスを犯してしまう。最後は東山#3尾藤がセンターからバックアタック。これがコートに突き刺さって25-21、東山がストレートで勝利してベスト4進出を決めた。

「四国インターハイ2022」特設ページはこちらをクリック!!

The post【四国インターハイ2022】東山準決勝進出! セッター當麻理人が多彩な攻撃を演出し、近江を退けるfirst appeared on月バレ.com【月刊バレーボール】.

月刊バレーボール

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加