バルサ 勝ち点2を落とす、メッシのPKで先制も土壇場で追いつかれ痛恨ドロー

バルサ 勝ち点2を落とす、メッシのPKで先制も土壇場で追いつかれ痛恨ドロー

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2021/02/22
No image

PKを沈めたメッシ

日本時間21日(日)、FCバルセロナはカンプ・ノウでカディスと対戦した。ラ・リーガ第24節のこの一戦に向けて、バルサはパリ・サンジェルマン(PSG)戦と同様のメンバーで臨んでいる。

ネイマール撃沈 関係噂されたモデル美女とローマMFの交際が発覚

開始からバルサがボールを持つ展開が続き、レオ・メッシにチャンスが何度か訪れるが中々チャンスを掴めなかった。

そして、迎えた30分にペドリがPA内で倒されてPKを獲得。キッカーを務めたメッシは落ち着いてゴール左に転がした。(1-0)

前半は1-0で終了。バルサが終始ボールを支配する展開が続くも、得点は1点のみ。カディスの守備を完全に崩すシーンは見られなかった。

後半も開始からバルサがボールを支配。グリーズマン、デンベレ、メッシがゴールに迫るシーンが見られるも追加点は奪えず。その後も、バルサがボールを保持し続ける展開が続く。

しかし、終了間際にカディスにチャンスが訪れる。87分、ラングレがクリアした際にボールではなく、相手選手の足を蹴ってしまい、PKを献上。キッカーを務めたアレックス・フェルナンデスがゴール左に決めて、同点に追いついた。(1-1)

試合はこのまま1-1で終了。7連勝中だったバルサの連勝はストップ。一方のカディスは連敗を4でストップした。

さらに、この結果を受け、バルサは今シーズン、カディスを相手に1分1敗と勝利することができなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加