「服部勇馬さん、相沢晃さん超える」パリ五輪狙う陸上5000M高校記録の石田洸介は東洋大へ

「服部勇馬さん、相沢晃さん超える」パリ五輪狙う陸上5000M高校記録の石田洸介は東洋大へ

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2021/01/12
No image

陸上男子5000メートルの日本高校記録(13分34秒74)を持つ石田洸介(群馬・東農大二高)=福岡県遠賀町出身=の進学先が12日、東洋大に決まった。高校を通じて発表したコメントで2024年パリ五輪出場を目標に掲げ「服部勇馬さん(トヨタ自動車)や相沢晃さん(旭化成)をはじめとするOBの方々を超える選手になるよう頑張ります」と東京五輪代表の2人を意識した。

石田は北九州市の浅川中3年時に1500メートルと3000メートルの日本中学記録に加え、非公式ながら5000メートルの中学最高記録を樹立。昨年日本高校記録を2度更新した。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加