球団初!阪神2位伊藤将司が巨人戦初登板新人プロ初星、自己最長7回1失点

球団初!阪神2位伊藤将司が巨人戦初登板新人プロ初星、自己最長7回1失点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/04/07
No image

阪神対巨人 7回を1失点と好投する阪神先発の伊藤将(撮影・上山淳一)

<阪神7-1巨人>◇7日◇甲子園

阪神のドラフト2位ルーキー伊藤将司投手(24=JR東日本)が巨人戦初登板初先発で自己最長の7回1失点の快投を見せ、プロ初勝利を挙げた。

「初回はピンチもあり、バタバタしてしまいましたが、2回以降はランナーを出しながらも粘りの投球ができた。野手の方が本当によく打ってくれました」。直球は平均130キロ台後半だが、丁寧にコーナーを突いて巨人打線と勝負。序盤から持ち味を見せた。2回、先頭大城が遊撃失策で出塁するが動じない。北村を内角速球で振り遅れ気味の空振り三振に料理。重信を見逃し三振に片づけるなど、危なげない内容だった。3回の先頭広岡まで4者連続三振を奪った。

今季2戦目の先発マウンドはプロ初勝利を目指し、カーブやカットボールなどを駆使して翻弄(ほんろう)した。自己最多114球の熱投だった。過去に巨人戦初登板がプロ初勝利の阪神新人投手はいない。伊藤将は球団史上初の快挙を達成した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加