コールマンの「インフィニティチェア」でアウトドアでもお仕事!

コールマンの「インフィニティチェア」でアウトドアでもお仕事!

  • Engadget
  • 更新日:2021/05/02
No image

フリーのライターにテレワークも何もないだろうと言われるかもしれませんが、いかな自宅大好きっ子と言えどこうも出かける機会が減ると、気分転換できず次第に煮詰まってきます。なので最近は、積極的に「外」で仕事するようになってきました。

コールマン インフィニティチェア(Amazon)

ものの本によれば、在宅勤務とリモートワークとテレワークは違うものなんだそうです。その概念をまとめますと以下のようになりますが、在宅勤務は別として、リモートワークとテレワークはみんなそれほど厳密に使い分けてない気がします。

No image

会社によっては、最低限自宅には居てくださいね、みたいな決まりになっているところもあるようですが、要するに勤務時間中は連絡が取れる場所にいてくれということなんじゃないかと思います。そろそろ季節的にも暖かくなってきましたんで、自宅内の「外」、つまり庭やベランダで仕事するのはありなんじゃないかと思う次第です。

そんな身近な「外」での仕事に最適な椅子を購入しましたのでご紹介します。屋外用の椅子を選ぶとなると、大きく分けて布張りのディレクターチェアかタイプか、サマーベッドタイプの2択になっていたかと思いますが、仕事する&時々休憩みたいな使い方だと一長一短ありでした。筆者のような腰痛持ちとなると、どうしても長時間座った時の腰の負担が気になるところですが、折り畳みができるという選択肢の中では、座り心地は妥協せざるを得ないところがありました。

そんな折に見つけたのが、キャンプ用品でお馴染みコールマンから出ている「インフィニティチェア」(公式オンラインショップ価格9,980円税込)です。一見すると肘掛けのついたサマーベッドみたいな感じですが、まさに使用感としては椅子とサマーベッドの中間というか、両方に使える逸品です。

No image

折り畳んだ状態は高さ90cm。普通のキャンプ椅子より若干デカいです

パイプ椅子の要領で展開すると、普通の椅子状態になります。両脇に肘掛けがありますが、座面の横幅が約46cmと余裕があり、ゆったりと腰掛けることができます。座面シートはメッシュ状に編まれたポリエステルで、通気性は抜群です。逆に冬場は寒いんじゃないかと思われますので、やはり春から秋にかけてがベストでしょう。座面は両脇のパイプに丈夫なゴム紐で結んでありますので、体の凹凸に合わせて生地がフィットします。こう見えて耐荷重は100kgありますので、大柄な人も大抵の方は大丈夫かと思います。

No image

展開すると肘掛け付きのリクライニングチェアに

No image

座面はメッシュ時で通気性バツグン

ヘッドレストは座面状にあるレール上を移動しますので、腰のあたりまで下げればランバーサポートにもなります。両方の肘掛けの下にレバーがあり、これを水平にするとリクライニングします。いい位置でレバーを垂直にすると、その位置でロックされます。

No image

ヘッドレストも同じ素材

No image

肘掛け下のレバーを水平にするとリクライニングできる

このリクライニング機構が絶品で、背中が倒れるとともにフットレストが持ち上がります。背もたれだけ倒れて足がそのままだと腿の筋肉が引っ張られてしんどくなりますが、足も一緒に持ち上がるのでリラックスした姿勢のままで倒すことができます。

仕事むけにはまっすぐからちょっと倒すぐらいがちょうどいいと思います。膝にパソコンを乗せると低いという方は、膝上テーブルなんてものも売られていますので、合わせて利用するといいでしょう。

膝上テーブル(Amazon)

肘掛け部まで含めても横幅は69cmですので、狭めのベランダでも十分使えます。マンションにお住まいの方は、ベランダでお仕事というのも気持ちがいいと思います。もちろん室内で使っても満足度は高いです。

仕事で疲れたら、リクライニングを目一杯倒してお昼寝モードに変形させます。これがこのチェアの一番の売りで、フルフラットではなくいい感じに足が高く上がって、実に気持ちのいい姿勢になります。体重を背中で支える感じになりますので、腰への負担が少ないため、そのまま昼寝もOKです。足を投げ出してひっくり返った状態ですので、スマホでぽちぽちメール返信したりと言った軽い業務モードにも最適です。

目一杯倒した状態。足が上がって実に気持ちがいいです

起き上がる際は、左右のロックを外してフットレストを足で下にぐいっと押すと、シーソーの要領で背もたれが起き上がります。

折り畳んだ時のサイズは、約15cm×69cm×90cmです。背もたれ部の高さそのままと考えればいいでしょう。通常のキャンプ用折り畳み椅子よりは大きいので、車のトランクルームはちょっと片付けてからじゃないと乗らないと思います。

重量は8.8kgで、右側に持ち手が付いています。成人男性なら片手で持てる重さではありますが、横幅が69cmありますので、腕を伸ばした状態だと場合によっては地面に着いてしまうかもしれません。それを持って砂浜を500m歩くとかはちょっとしんどいと思います。

No image

丈夫な持ち手がついてます

この椅子のおかげで、あちこち移動して仕事するのが楽しくなりました。今時は日が当たると暑いし日陰だと寒いので、まばらな木陰ぐらいがちょうどいい感じです。飲み物とサンドイッチでも買って、平日の人がまばらな海岸で原稿に向かってると、テレワーク最高!と気分が上がります。コールマンのインフィニティチェア、ぜひお試しください。

コールマン インフィニティチェア(Amazon)

Nobuyoshi Kodera

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加