AKOMEYA TOKYOの傑作10選 全国から集めたお福分けな贈り物

AKOMEYA TOKYOの傑作10選 全国から集めたお福分けな贈り物

  • CREA WEB
  • 更新日:2020/08/07

【AKOMEYA TOKYO】

AKOMEYA TOKYOは全国から選りすぐった、お米を中心とした食・雑貨を扱うセレクトショップ。関東を中心に、京都や大阪にも店舗を展開し人気を集めている。

「お福分けのこころ」をコンセプトに、お米、調味料、焼菓子、調理道具など、本物を追求したこだわりから作られる食品や雑貨をAKOMEYA TOKYOオリジナル商品として販売している。

上品で遊び心あるパッケージデザインや、丁寧なもの作りから生まれる美味しいものは、ちょっとした贅沢を味わいたいときはもちろん、おいしいものを楽しみたい大切な方への贈り物や、季節のご挨拶やお礼など、様々なシーンで活用できる逸品ぞろい。

贈る人も贈られる人にも幸をもたらし、心が豊かになるギフトを探しにお店やサイトをのぞいてみては。

No image

AKOMEYA TOKYO

電話番号 03-5946-8241(AKOMEYA TOKYO in la kagū)
https://www.akomeya.jp/

◆AKOMEYA TOKYO 日本のお米に合うカレーセット

No image

AKOMEYA TOKYO 日本のお米に合うカレーセット 3,000円(6食入り)。

スパイス専門店とタッグを組んだ 個性溢れる本格カレーが登場

●通販OK!

東京・押上のスパイス料理店「SPiCE Cafe」とAKOMEYA TOKYOが共同で開発し誕生したオリジナルレトルトカレーのギフトセット。

日本のお米に合うようにと、出汁とスパイスを融合し、個性的ながら後を引く味わい深い仕上がりは、カレー好きも納得の完成度だ。

カレーは2種類が用意されている。脂がのった鰤と、それをさっぱりとさせる梅干をアクセントに使った「鰤と梅干しのカレー」は、日本の伝統食に新たな発見をプラス。「マトンと山椒のカレー」は少しクセのあるマトンに山椒や出汁を合わせることで、ご飯に合う爽やかな辛さがハマる味わい。

斬新さとクセになる美味しさのカレーセットを、カレーマニアなあなたへ。

◆果物ゼリー

No image

果物ゼリー 各280円。左から:シークヮーサー、湘南ゴールド、曽我の梅酒梅(グラス内はシークヮーサー)。

果実の旨みが凝縮した 味わい深いフルーツゼリー

●通販OK!

爽やかな見た目が涼しげな、オリジナルの果物ゼリー。

香り豊かな「湘南ゴールド」、大人向けの「梅」、真夏を思わせる酸味の「シークヮーサー」、フレッシュな味わいの「桃」、着色料不使用で美しい色味の「ブルーベリー」の5種類をラインナップ。単品でお好みのゼリーを選べるのはもちろん、8個入りの贈答用セットも用意されている。

国産フルーツを使用したゼリーは、口の中で寒天のように弾けるシャキシャキ感がなんとも軽快。お気に入りのグラスで食せば、暑い夏も優雅に涼しく過ごせそう。

◆瀬戸内鯛めし 今治産

No image

瀬戸内鯛めし 今治産(2合炊き) 1,200円。

おめでとうの気持ちを込めて 美味なるものをさりげなく贈る

●通販OK!

瀬戸内の今治漁港で水揚げされた天然真鯛をふんだんに使用した炊き込みご飯の素。

身が引き締まって旨味たっぷりの鯛と、地元の炊き込みご飯に欠かせない「松山あげ」、人参、昆布などの具材入り。

No image

香り豊かな出汁や醤油、みりんなどの調味料も厳選され、ご飯と一緒に炊き上げるだけで誰でも失敗なく、本格的な鯛めしが出来上がるお手軽さもうれしい。

白と赤の水引をあしらったパッケージもお祝い事にふさわしく、親しいかたへの贈り物にぜひどうぞ。

◆新潟加島屋×AKOMEYA TOKYO だし茶漬

No image

新潟加島屋×AKOMEYA TOKYO だし茶漬 3,000円(6個セット※単品500円)。

新潟加島屋と生み出した 手軽に食べられる極上茶漬

●通販OK!

1855年に創業した塩干物の老舗として知られる「新潟加島屋」とAKOMEYA TOKYOが1年の歳月をかけて完成させただし茶漬。

厳選された食材を、栄養と美味しさはそのままに真空状態でフリーズドライにすることによって、風味を損なうことなく食卓で手軽に楽しめる。

No image

味は、鮭とたらこの2種類があり、どちらも絶妙の塩味と素材の個性がマッチした自信作。

長期保存が可能なうえ、季節を問わず食べられるようにと湯でも水でも変わらぬ風味を楽しめるのも心憎い気配りポイント。

◆AKOMEYA TOKYO 鯖味付缶詰

No image

AKOMEYA TOKYO 鯖味付缶詰 各600円。

バラエティ豊かな味わいが揃う オリジナルの味付き鯖缶詰

●通販OK!

鮮度がよく、脂ののったノルウェー産の鯖を使用したオリジナルの鯖缶。

本醸造醤油、唐辛子、柚子、若狭五徳みそ、生姜の5種類の味付けが揃い、お好みで選べるのも人気の所以。

「本醸造醤油」は関西風のまろやかな特注醤油、「若狭五徳みそ」は甘口でコクのある味噌で味付けがしており、ご飯のお供にぴったり。

3缶、6缶用を詰め合わせたギフト箱の用意もあるので、鯖好きなお宅へのギフトとしてもおすすめ。

◆スパイスごはんの素

No image

スパイスごはんの素。左から時計回りに:ビネガーポーク 980円、タマリンドふりかけ 980円、鯖パクチー 850円。

カレーの名店プレゼンツ! ご飯のお供になる新感覚カレー

●通販OK!

「デリー」「ナイルレストラン」「インド料理シタール」という名だたる有名店のシェフたちがそれぞれに工夫を凝らし、日本のお米に合うご飯のお供を考案。

「デリー」からは、鯖のほぐし身とパクチー、マスタードオイルなどを使用した鯖パクチーを、「ナイルレストラン」からは豚肉とタマネギ、黒酢などをブレンドしたマイルドなビネガーポークを、「シタール」からはフルーツのタマリンドを使ったタマリンドふりかけを発売。

どれも隠し味に醤油やみりんをプラスし、個性あふれるご飯のお供に仕上がっている。

熱々のご飯にのせて、はたまたおにぎりの具に、炊き込みご飯にとアイデア広がる新たな味を楽しんで。

◆AKOMEYA TOKYO フリーズドライスープ

No image

AKOMEYA TOKYO フリーズドライスープ3種セットBOX入り 660円(3個入り)。

パンにもご飯にもぴったりな 自然の旨味を味わうスープ

●通販OK!

原材料と製法にとことんこだわったAKOMEYA TOKYOの「純正醤油奥出雲」と「白だし まぐろ」の2種類をベースに作られたフリーズドライのスープ。

スープは、「KIHACHI」の熊谷喜八シェフが監修を担当しており、保存料などを使用しない本物の味を追求。

No image

キャベツやタマネギなどの旨味が凝縮した「野菜のトマトスープ」、食べ応え満点の「ほうれん草と豚肉のスープ」、ふわふわ玉子がたっぷりの「きのこのたまごスープ」と、それぞれに味わい深い3種類がセットになっている。

コンパクトなボックス入りなのでちょっとしたお礼などに重宝しそう。

◆AKOMEYA TOKYO 岡山県産のむゼリー

No image

AKOMEYA TOKYO 岡山県産のむゼリー 各350円。

新鮮果実をギュギュっと凝縮 片手で味わえる飲むゼリー

●通販OK!

岡山県産の新鮮なフルーツを使用した飲むゼリー。

白桃、ピオーネ、りんご、マスカット、みかんの5種があり、それぞれのフルーツのみずみずしさを手軽に味わえると大人気。

片手で食べられるので、オフィスはもちろん、テレワーク中の自宅でも場所を選ばず楽しめる。

それぞれのフルーツをデザインしたパッケージも素敵なので、夏の贈り物にも喜ばれるはず。

◆AKOMEYA TOKYO 千鳥饅頭総本舗 チロリアン缶

No image

AKOMEYA TOKYO 千鳥饅頭総本舗 チロリアン缶 1,300円。

昔と変わらぬ懐かしの銘菓が キュートな缶入りで登場!

●通販OK!

1630年創業の福岡の菓子店「千鳥饅頭総本舗」の人気アイテム・チロリアンをAKOMEYA TOKYOオリジナル缶に詰めた愛らしいギフト。

チロリアンは、新鮮ミルクとバターを使い、カリッと焼き上げたロールクッキーになめらかなクリームを入れた懐かしいおやつ。

バニラ、コーヒー、ストロベリー、チョコレートの4つの味が入っており、大人も子どもも一緒に食べられる素朴な味わいは世代を超えたロングセラーだ。

缶コレクションに加えたくなる可愛いデザイン缶は、ギフトのみならず自分用にも欲しくなりそう。

◆アコメヤの出汁味噌汁

No image

アコメヤの出汁味噌汁 5種セットBOX入り 1,100円(5個入り)。

いつでも常備しておきたい 気分に合わせて選べる味噌汁

●通販OK!

各店舗で定番人気となっている5種類のだしをそれぞれ使用したフリーズドライの味噌汁5種セット。

「豆腐」「野菜」「豚肉・野菜」「白菜・青ねぎ」「鶏肉・白ねぎ」の5種類は、それぞれ白味噌、合わせ味噌、赤味噌など、具材と出汁に合わせた味噌が使用されているこだわりよう。

存在感ある具材と、風味豊かな出汁を存分に味わえる上質な味噌汁は、時間をかけずに食事の時間を豊かにしてくれる最強の癒やしメニュー。

長期保存が可能なので、災害時への備えやオフィスでのランチ、旅行のお供など、いつでもほっとできる味を常備しておくのもおすすめ。

文・構成=Five Star Corporation
撮影=釜谷洋史

Five Star Corporation

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加