西武・ダーモディ またも来日初勝利ならず...3回0/3で降板&6失点はともに自己ワースト

西武・ダーモディ またも来日初勝利ならず...3回0/3で降板&6失点はともに自己ワースト

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/06/10

◇交流戦 西武―DeNA(2021年6月9日 メットライフ)

No image

<西・D>初回1死三塁、オースティンに2ランを浴びたダーモディ(撮影・森沢裕)

西武のダーモディ投手(30)が9日、本拠でのDeNA戦に先発。自己最短3回0/3を5安打6失点で降板し、来日6試合目での初勝利とはならなかった。

ダーモディは初回、1死二塁から佐野にセンターフェンス直撃の適時三塁打を浴び失点。続くオースティンには左翼スタンドに飛び込む12号2ランを打たれ、いきなり3失点。

2回は3者凡退に抑えるも、1点差に迫った直後の3回に再び失点。伊藤光とオースティンに四球を与え2死一、二塁から宮崎に左前適時打を浴び4点目を失った。

4回もマウンドに上がったダーモディだが、四球で出塁を許した大和の一塁へのけん制球を悪送球。無死二塁としてしまうと細川には三ゴロ内野安打で無死一、三塁のピンチを迎えたところで降板。2番手として森脇が起用された。

▼ダーモディ「今日は自分らしい投球をできなかった。本来の自分の投球とは程遠かった。その中で、チームメイトたちがこうやって救ってくれたことに心から感謝したい。(直球系を打たれる場面があったが)投球を振り返ると球速が落ちてしまっていた。原因をしっかり確認して今、後修正していきたいと思う」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加