東京駅とビッグサイトを結ぶ「都心部・臨海地下鉄」実現へ

東京駅とビッグサイトを結ぶ「都心部・臨海地下鉄」実現へ

  • Impress Watch
  • 更新日:2022/11/25
No image

概要(小池都知事会見から)

東京駅から有明・東京ビッグサイトを結ぶ、新たな地下鉄構想「都心部・臨海地域地下鉄」の事業計画案が発表された。25日の小池都知事会見で明らかにされたもの。

臨海部は大規模開発が進められ、「世界から人と投資を呼び込む可能性がある」(小池都知事)とし、都心部と臨海地域を結ぶ交通基盤「背骨」として整備を計画した。東京駅と有明・東京ビッグサイトを結ぶ約6.1kmに7駅を設置する。

今回、駅位置やルートの案を初公開した。駅は、東京、新銀座、新築地、勝どき、晴海、豊洲市場、有明・東京ビッグサイトの7駅で、駅名はすべて仮称。高密度な都心を通過するため地下化する。

No image

駅位置(小池都知事会見から)

小池都知事は「この地下鉄の開通により、晴海の選手村跡地や築地のまちづくりなど沿線の利便性を向上し、個性豊かな魅力を発揮する」とし、早期の事業化に向けて検討を進める。開業予定については、これからの検討となる。事業計画案によれば、概算事業費は約4,200億~5,100億円。累積資金収支黒字転換年は30年以内としている。

No image

ルート・駅位置(事業計画案から)

さらに今後の検討事項として、常磐新線(TX)延伸との接続についても検討を進める。つくば国際戦略総合特区と臨海部との対流促進を図るとともに、事業性の向上も見込まれる。また、羽田空港への接続についても検討を進める。

No image

今後の検討事項(事業計画案から)

臼田勤哉

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加