中国で石炭価格最高値を再更新

  • 中央日報日本語版
  • 更新日:2021/10/14

電力難に陥っている中国で石炭価格が連日最高値を更新している。

13日の中国メディアによると、鄭州商品取引所で取引された1月引き渡し分発電用石炭価格はこの日一時過去最高値となる1トン当たり1640元まで交渉した。

石炭価格は11日に12%急騰したのに続き前日にも一時7%以上上がり過去最高値となる1トン当たり1507.8元で取引されるなど高止まりが続いている。

業界では山西省と内モンゴル自治区の地方政府が管内の石炭鉱山200カ所に増産を指示したが、洪水により60カ所以上の鉱山が被害を受けるなど増産は容易でない状況としながら需給不均衡で石炭価格上昇は当分続くと予想した。

こうした中で石炭輸入量も増加している。中国海関総署は先月の石炭輸入量が3288万トンで前年同月比76%増加したと明らかにした。

しかしロシアとモンゴルからの石炭輸入は限定的な鉄道運送能力で、インドネシア産石炭輸入は悪天候によりそれぞれ厳しい状況だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加