23年W杯予選兼アジア杯に挑むなでしこジャパンがインドへ出発

23年W杯予選兼アジア杯に挑むなでしこジャパンがインドへ出発

  • スポーツ報知
  • 更新日:2022/01/15
No image

アジア杯(インド・20日開幕)に挑むなでしこジャパンの選手22人とスタッフ陣が15日夜、成田空港から出国した。17日未明に現地入りする予定で、FW岩渕真奈(アーセナル)は現地で合流する。

2023年W杯オーストラリア・ニュージーランド大会の予選(開催国除く5か国が出場権獲得)も兼ねたアジア杯で、日本は3連覇を狙う。C組の日本は21日にミャンマー代表、24日にベトナム代表、27日に韓国と対戦。決勝は2月6日に行われる。

ベスト8に終わった今夏の東京五輪以降、初の国際大会。新体制発足後は、10月から国内合宿やオランダ遠征などで積み上げを図ってきた。インドは気温差なども大きく(この時期の平均気温は20度ほど)、環境面の適応も求められるが、池田太監督は「(新型コロナウイルスの)感染対策も含めて環境に適応し、初戦に向けて準備していく。精いっぱい頑張ってきます!」と気合。主将のDF熊谷紗希も「とにかくW杯の出場権をとることが一番大きな目的。W杯予選を突破することにフォーカスしてやりたくて、その中で一つの大会なので、3連覇に向けてもやっていきたい」と意気込んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加