阪神7位高寺が仮契約「遊撃守れる守備力をつけて」

阪神7位高寺が仮契約「遊撃守れる守備力をつけて」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

阪神と仮契約を結び目標を書いた色紙を手に気合の表情を見せる高寺(球団提供)

阪神ドラフト7位の上田西・高寺望夢内野手(18)が20日、長野市内のホテルで入団交渉に臨み、仮契約を結んだ。契約金2000万円、年俸480万円。仮契約後は「より実感が湧いてきました」と初々しい笑みを浮かべた。

希望ポジションは遊撃。「守備力は今のままでは無理だと思いますけど、プロの世界でもショートを守れる守備力をつけて、すごい方がいっぱいいるので見たり聞いたりして、そういう方々にも負けないように頑張りたいです」。

チームでは今季、高卒2年目の小幡がシーズン終盤に1軍定着を果たした。「(1軍昇格は)早ければいいこと。焦ってはいないんですけど、できるだけ早い段階で(1軍に)いけたらいいと思っています」と力を込めた。

高寺は高校通算31本塁打の左打者。今夏の長野県代替大会は準決勝で敗退したが、そこから木製バットに切り替え、9月上旬に行われた「プロ志望高校生合同練習会」では8打席5安打2四球と結果を出していた。50メートル6秒0の俊足、遠投110メートルの強肩も魅力。(金額は推定)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加