焦りも不安もどこ吹く風 軍師・勝又健志 1カ月半ぶりのトップ 勝利数で単独首位も「数えてなかったです」/麻雀・Mリーグ

焦りも不安もどこ吹く風 軍師・勝又健志 1カ月半ぶりのトップ 勝利数で単独首位も「数えてなかったです」/麻雀・Mリーグ

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/01/15
No image

戦況がどうあれ、この男にはなんの迷いもない。プロ麻雀リーグ「大和証券Mリーグ2021」1月14日の第2試合、EX風林火山・勝又健志(連盟)が個人成績で単独トップとなる7勝目を獲得。試合後、自らの勝ち星については「あ、そうなんですか、数えてなかったです」とクールにかわし、成績に囚われず、いつも通りの戦いであったことをアピールした。

【動画】穏やかに勝因を振り返る勝又健志

この試合の対局者はKONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)、勝又、TEAM雷電・黒沢咲(連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)の並びで開始した。第1試合では松ヶ瀬が一発ツモを繰り返し、トップを飾れそうなところだったが惜しくも逆転負け。チームメイトの雪辱を期し、軍師・勝又は采配を振るった。

東1局、勝又は10巡目にリーチをかけると、これを昨期までのチームメイト滝沢からアガって満貫を先制。その後はしばらく守る時間が続いたが、南1局に再び大物手が到来する。索子のチンイツも見据えた手から、白単騎のメンホンをテンパイ。これをまたも滝沢からアガって、ホンイツ・ドラの8000点を加点した。

南3局にはドラドラの手牌を活かして積極的な鳴きの攻め、中・ドラ2の5200点でダメ押しに成功し、このまま逃げ切って今期7勝目を挙げた。ライバルの危険牌は先切りし、リーチがかかっても慎重に安全牌を選び、まさに危なげない戦いぶり。軍師の呼び名にふさわしい試合内容での完勝だ。

インタビューに登場した勝又は、まずこの勝利を「嬉しいです」といつも通りに一言で振り返り、東1局から満貫をアガって、好スタートを切れたことが勝利に結び付いたと語った。ファンへ向けては「残り30戦ちょっと、全員で力を合わせて、まずはセミファイナルへ向けて頑張っていきます」と宣言。ファンからも「軍師ないすーー!!!」「勝又頼りになるわ」「いいぞ カツケン!」と声援のコメントが飛んでいた。

No image

今期の前半戦はまさにEX風林火山の独壇場、あっという間にセミファイナル進出すら決まったかのような独走ぶりを見せていた。しかし中盤に差し掛かりトップが遠のき、この日の試合前の時点では4位。まだ十分ポイントを持っているとはいえ、下位チームからの追い上げも気になるところだった。しかし勝又はどこまでも冷静に戦局を見渡し、まったく焦る素振りもなく、この日の勝利を引き寄せた。

上昇のきっかけが欲しかったところで、主力の勝又がその役目を担う快勝。その目にはセミファイナル進出などただの通過点として、リーグ史上初となる連覇への道筋が見えているはずだ。

【第2試合結果】

1着 EX風林火山・勝又健志(連盟)4万2600点/+62.6
2着 TEAM雷電・黒沢咲(連盟)2万8600点/+8.6
3着 KADOKAWAサクラナイツ・沢崎誠(連盟)2万3100点/▲16.9
4着 KONAMI麻雀格闘倶楽部・滝沢和典(連盟)5700点/▲54.3

【1月14日終了時点での成績】

1位 U-NEXT Pirates +265.2(58/90)
2位 EX風林火山 +212.5(58/90)
3位 セガサミーフェニックス +170.9(58/90)
4位 KADOKAWAサクラナイツ +166.4(58/90)
5位 KONAMI麻雀格闘倶楽部 +34.8(58/90)
6位 渋谷ABEMAS +33.6(58/90)
7位 赤坂ドリブンズ ▲187.4(58/90)
8位 TEAM雷電 ▲716.0(58/90)

※連盟=日本プロ麻雀連盟、最高位戦=最高位戦日本プロ麻雀協会、協会=日本プロ麻雀協会

◆Mリーグ 2018年に発足。2019シーズンから全8チームに。各チーム3人ないし4人、男女混成で構成され、レギュラーシーズンは各チーム90試合。上位6チームがセミファイナルシリーズ(各16試合)、さらに上位4位がファイナルシリーズ(12試合)に進出し、優勝を争う。
(ABEMA/麻雀チャンネルより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加