宇和海産真珠の今年の出来は 3年ぶり「浜揚げ真珠」品評会 「越物」は高品質多く

宇和海産真珠の今年の出来は 3年ぶり「浜揚げ真珠」品評会 「越物」は高品質多く

  • EBCニュース
  • 更新日:2022/11/25

今年の宇和海産真珠の出来を占う「浜揚げ真珠」の品評会が25日、3年ぶりに宇和島市で開かれました。

この品評会は真珠の浜揚げ作業を前に、事前に取り出した真珠で今年の品質を見定めるものです。

新型コロナの影響で3年ぶりとなった今回の品評会には177人の養殖業者から出品がありました。

会場には各業者からランダムに選んだ100個の貝から取り出した真珠が展示され、訪れた養殖業者や加工業者らがのぞき込むようにして真珠の出来を見ていました。

今年は出荷前の母貝が死ぬなどの被害が出ていて、1年養殖の「当年物」には小さな傷があるなど感染症の影響があったと思われるものの、2年養殖の「越物」については巻き・照り(光沢)ともに高品質な玉が多いということです。

アコヤ貝から真珠を取り出す浜揚げ作業は、これから順次始まります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加