慶大・増居が単独トップ3勝目、2位立大との直接対決へ「対策して」

慶大・増居が単独トップ3勝目、2位立大との直接対決へ「対策して」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/02
No image

慶大先発の増居(撮影・浅見桂子)

<東京6大学野球:慶大11-6東大>◇第4週第2日◇2日◇神宮

慶大・増居翔太投手(3年=彦根東)が7回4安打1失点で、リーグ単独トップの3勝目を挙げた。

立ち上がりは、やや制球を乱したが、中盤以降は危なげなかった。「後半はストレートが良かったです。軸に乗れていない感じだったので、意識しました」とイニング間で修正できた。

チームは5連勝で首位に立つ。1週空いて、現在2位の立大と対戦する。増居は「立教さんは、よく打つチーム。ここから2週間、対策をして臨みたいです」と気を引き締めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加