津田健次郎、好物のたこ焼きの“変わった食べ方”

津田健次郎、好物のたこ焼きの“変わった食べ方”

  • ナリナリドットコム
  • 更新日:2022/09/23

俳優・声優の津田健次郎(51歳)が、9月22日に放送されたバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)に出演。好物のたこ焼きの“変わった食べ方”が紹介された。

No image

津田は大阪で生まれ、1歳から8歳までインドネシアのジャカルタで過ごし、母親の目を盗んではインドネシアの定番麺料理ミーバッソ(肉団子麺)の屋台に兄弟で通っては楽しんでいたという。帰国後、大阪に戻った津田はタコ焼きにどハマリしたそうで、タコをあまり食べない外国で暮らしたからか、「こんなうまいものをすぐに飲み込んだらもったいない」とタコを飴のように口の中で転がして、存分に味わってから食べていたという。この話に、ナインティナイン・矢部浩之も「しがんでるんやな」と津田の食べ方に共感。津田は「そうですねえ」と頷いた。

Narinari.com編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加