ドロップダウンメニューもカスタマイズ「Windowsターミナル」v1.17プレビュー

ドロップダウンメニューもカスタマイズ「Windowsターミナル」v1.17プレビュー

  • マイナビニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

Microsoftは現地時間2023年1月24日、プレビュー版となるWindowsターミナル バージョン1.17のリリースを公式ブログで報告した。GitHubのリリースページを確認すると、約11日前にリリースされており、Microsoft Store経由でインストールしている場合はバージョン1.17.1023に自動更新される。Windowsターミナル バージョン1.17プレビューはドロップダウンメニューのカスタマイズや、起動中のプロセスを再起動するコマンドの追加、背景に対して画像効果を加えるMica(マイカ)へ対応した。

Windows 11、Windows Terminalをデフォルトに

ドロップダウンメニューのカスタマイズはsettings.jsonを直接編集する仕組みだ。新たに「separator」を記述し、サブメニュー化するプロファイルを列挙して上図のようなメニュー構成を作成する。往々にしてドロップダウンメニューには、多くの端末やLinux環境が並ぶため使い勝手の向上が期待できる。Windows PowerShellなどの端末は以前から「Ctrl」+「D」キーで終了できたが、「exit -1」で終了する際は同じショートカットキーで再起動する仕組みが加わった。また、「設定」のスタートアップセクションに「起動パラメーター」を新設し、起動モードやウィンドウの位置を指定できる。他にも配色セクションのデザインに若干の変更が加わり、仮想端末の互換性も高めた。

阿久津良和

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加