橋 幸夫、デビュー曲「潮来笠」のルーツを探る旅をYouTubeで公開

橋 幸夫、デビュー曲「潮来笠」のルーツを探る旅をYouTubeで公開

  • 全日本歌謡情報センター
  • 更新日:2020/08/03
No image

橋 幸夫が、歌手デビュー60周年企画となるYouTube『橋 幸夫ちゃん!ネル』で、第三回「潮来で舟を漕ぎました!」を公開、デビュー曲「潮来笠」(いたこがさ)のルーツを語っている。

「潮来笠」(作詞:佐伯孝夫/作曲:吉田正)は、1960年7月5日にビクターより発売。かつて潮来の農家の女性が被っていた田笠「潮来笠」、作詞家の佐伯孝夫によって作られた登場人物、旅がらすの伊太郎が潮来の女性への未練を歌った”恋の股旅歌謡”。この難しい情感を当時17才の橋が見事に歌い上げ、その年(昭和35年)新設されたレコード大賞新人賞を受賞、NHK紅白歌合戦にも出場を果たすなど、華々しいデビューを飾る。

No image

今回の撮影現場となった『水郷潮来あやめ園』には、「潮来笠」の歌詞と共に記念碑が置かれ、YouTubeでは橋本人による案内や、自ら “ろ舟”を漕ぐシーンも披露。水郷潮来を全国に知らしめた60年前のデビュー。当時、ビクターの前にコロムビアのオーディションで不合格になっている橋 幸夫、もしコロムビアからデビューしていたら、芸名が「舟木和夫」になっていたというエピソードも。そして以外にも恋がテーマだった「潮来笠」。歌手デビュー60周年記念の新曲「恋せよカトリーヌ」を手掛けたテリー伊藤氏曰く、“恋の伝道師”橋 幸夫は、これからも、恋を歌い続ける。

今回の新曲リリースを記念してYouTube『橋 幸夫 ちゃん!ネル』を開設、第一弾の『YouTube始めました!』、第二弾の『葉山にやってきました!』に続き、本日第三弾の『潮来で舟を漕ぎました!』を公開。今後も様々な企画動画を予定しているので注目だ。歌手デビュー60周年記念曲「恋せよカトリーヌ」と共に、橋 幸夫の旅は続く。

橋 幸夫 60周年記念シングル『恋せよカトリーヌ』

No image

2020年7月1日発売

VICL-37551 / 1,364円+税

[ 収録楽曲 ]

1. 恋せよカトリーヌ」

作詞・作曲 テリー伊藤 / 編曲 萩田光雄

2. この世のおまけ

作詞 荒木とよひさ / 作曲 橋 幸夫 / 編曲 矢田部 正

3. 60周年ご挨拶」 メッセージ:橋 幸夫

4. 恋せよカトリーヌ」(オリジナルカラオケ)

5. この世のおまけ」(オリジナルカラオケ)

関連リンク

◆橋 幸夫 YouTubeチャンネル
◆橋 幸夫 オフィシャルサイト

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加