AI技術を使って養殖のハマチ「くら寿司」で限定販売

AI技術を使って養殖のハマチ「くら寿司」で限定販売

  • テレ朝news
  • 更新日:2022/06/23
No image

動画を見る(元記事へ)

回転寿司に、AI(人工知能)で育てられたハマチが登場です。

回転寿司チェーンの「くら寿司」は、AIの技術を使って養殖したハマチを24日から限定販売します。

ハマチは、一度に多くの餌(えさ)を食べるため、これまでは人が目視で魚の食べ方を確認していましたが、AIが魚の泳ぎ方を画像解析で食欲を判断し、餌の量を調整したところ、およそ1割の餌が削減できたということです。

くら寿司広報・小坂博之マネージャー:「(AI活用して)生産者の負担を軽減したり、燃料費を少しでも抑えることで、できる限りリーズナブルな価格でお客様に提供できる」

くら寿司は、2024年をめどにハマチのおよそ3割を今回の商品にする計画です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加