Billboard JAPAN Streaming Songs(9/15公開)、back number「水平線」が2連覇 Ayase「夜撫でるメノウ」セルフカバーが初登場

Billboard JAPAN Streaming Songs(9/15公開)、back number「水平線」が2連覇 Ayase「夜撫でるメノウ」セルフカバーが初登場

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2021/09/15

2021年9月15日公開(集計期間:2021年9月6日〜9月12日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、back numberの「水平線」が首位獲得、2連覇を達成した。

「水平線」は、昨年のインターハイが中止となったことがきっかけで制作され、2020年8月18日にYouTubeチャンネル上で初公開された楽曲だ。今年8月13日に配信リリースされた同曲は、チャートイン5週目となる当週、前週比101%の8,472,320回再生を記録、前週からほぼ横ばいで推移し、トップの座をキープした。back numberはそのほか、26位に「怪盗」、85位に「高嶺の花子さん」を送り込んでおり、トップ100内に計3曲がチャートインしている。

前週2位だったBTSの「Butter」は、当週も順位を維持して2位に。再生回数は8,130,718回再生を記録、前週比は97%でこちらも横ばいに推移した。BTSは前週、「水平線」に連覇記録を阻まれたが、まだまだ首位奪還を狙える水準は保っている。続く3位にも前週同様BTSの「Permission to Dance」が入っており、こちらの再生回数は7,982,263回で前週比95%を記録。下降トレンドは続くものの、減少率は落ち着いてきた印象で、次週以降、現状の水準をどこまでキープできるかがロングヒットのカギになっていくのではないだろうか。

前週16位だったMAISONdes feat.和ぬか, asmiの「ヨワネハキ」は、4ランク・アップして12位をマーク。MAISONdesは“どこかにある架空のアパート”をコンセプトとした音楽プロジェクトで、毎回異なるクリエイターやシンガーをフィーチャリングして楽曲を発表している。5月19日にリリースした「ヨワネハキ」には、SNS、とりわけTikTokで人気を集める二人のアーティストが参加していることもあり、7月頃からバイラル・ヒットを記録しているほか、8月25日にはYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」にも登場して話題となった。当チャートでは8月11日付で33位に初登場して以降、順調に順位を上げ続けており、当週も自己最高位を更新している。

当週100位内に初登場した楽曲としては、60位のAyase「夜撫でるメノウ」が最高位。YOASOBIのAyaseがボーカロイドで発表した楽曲のセルフカバーで、9月8日に配信開始された。YouTubeでは2020年2月から公開されており、累計再生回数は1,400万回以上を記録している。

【Streaming Songs】トップ10

1位「水平線」back number(8,472,320回再生)
2位「Butter」BTS(8,130,718回再生)
3位「Permission to Dance」BTS(7,982,263回再生)
4位「Cry Baby」Official髭男dism(7,694,029回再生)
5位「ドライフラワー」優里(6,912,949回再生)
6位「Dynamite」BTS(6,480,473回再生)
7位「きらり」藤井 風(6,451,294回再生)
8位「ステイ」ザ・キッド・ラロイxジャスティン・ビーバー(5,914,739回再生)
9位「夜に駆ける」YOASOBI(5,759,196回再生)
10位「怪物」YOASOBI(5,717,445回再生)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加