元ロッテのブランドン・マンが台湾楽天に入団 2週間の隔離措置の後にチーム合流へ

元ロッテのブランドン・マンが台湾楽天に入団 2週間の隔離措置の後にチーム合流へ

  • フルカウント
  • 更新日:2020/08/01
No image

NPBではロッテ、DeNAでプレーしたブランドン・マン【写真:荒川祐史】

ブランドン・マンは昨季ロッテで14試合に登板

台湾プロ野球(CPBL)の楽天モンキーズは1日、昨季ロッテに在籍したブランドン・マン投手を獲得したことを発表した。

2002年のドラフト27巡目でデビルレイズ(現レイズ)に入団したブランドン・マン。2011、2012年には横浜(現DeNA)でプレーし、その後はアスレチックスやレンジャーズでプレー。昨季はロッテに在籍し、14試合に登板して0勝2敗0セーブ3ホールド、防御率3.94の成績だった。

ブランドン・マンはこの日台湾に到着。2週間の隔離措置ののち、8月中旬にはチームに合流する予定という。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加