習主席「TPP加入を積極的に検討」 米離脱の中で

習主席「TPP加入を積極的に検討」 米離脱の中で

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/21
No image

動画を見る(元記事へ)

中国の習近平国家主席はAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の首脳会議で演説し、「TPP(環太平洋経済連携協定)への加入を積極的に検討する」と明言しました。

APEC首脳会議にオンライン形式で参加した習主席は、日本や中国など15カ国が参加したRCEP(東アジア地域包括的経済連携)の署名を歓迎するとしたうえで、さらに「TPPへの加入を積極的に検討する」と述べました。TPPはトランプ大統領が離脱を決めたためRCEPと同様にアメリカは参加しないなか、その空白を突くように習主席が一歩踏み込んだ形です。習主席は「アジア太平洋地域の経済協力は政治ゲームではない」とアメリカを牽制(けんせい)する一方、この地域の経済発展とルール作りを主導したい狙いを強く押し出しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加