この日の勝利は「メークドラマの原本に」...逆転昇格狙う長崎・手倉森監督

  • ゲキサカ
  • 更新日:2020/11/21
No image

[11.21 J2リーグ第35節 千葉 0-1 長崎 フクアリ]

前節の敗戦により、昇格争いから一歩後退した。しかし、V・ファーレン長崎はきっちり立て直し、今節のアウェー千葉戦で勝ち点3をつかみ取った。

前節の琉球戦を0-1で落とし、8試合ぶりの黒星を喫した。手倉森誠監督が「徳島と福岡は今節は負けても1位と2位でいられるシチュエーション」と語ったように、首位・徳島との勝ち点差は8、2位・福岡との勝ち点差は5まで広がった。追い込まれたチームだが、「残り8戦で昇格のメークドラマを描こう、我々は昇格への“際”におり、“際”に立たされた者のパワーを出せれば良いという話をした」と前を向いていた。

迎えた千葉戦。序盤こそボールを保持して試合を進めながらも先制できずにいると、徐々に千葉の攻勢を許してしまう。しかし、12試合ぶりに出場機会をつかんだGK徳重健太の好セーブでしのぐと、後半6分には生まれたFW名倉巧の得点を守り抜き、1-0の完封勝利を収めて勝ち点3の上積みに成功した。

「得点は1点のみ。1点取ってからのゲームコントロールは、ここから負けられないチームの姿勢を示した。こういうゲームが続くと思うけど、今日の勝ち方が昇格へのメークドラマの原本になっていく」

そして、この日は徳島が敗れ、福岡が引き分けたことで上位2チームとの勝ち点差は5と3に縮まった。「“35”節で2位と1位に“3”と“5”差になっている。語呂好きな私にとっては、流れは長崎にあるなと。まずは自分自身が監督として、その気になっていないといけない。そして、選手たちをその気にさせ、長崎県民をその気にさせて走れれば、最後の最後は長崎が笑っていると思っている」。残り7節。最後に笑うためにも「自分たちが上がるつもりで試合をしていく」と力強く語った。

(取材・文 折戸岳彦)★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2020シーズンJリーグ特集ページ

●“初月無料”DAZNならJ1、J2、J3全試合をライブ配信!!

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加