阿部寛がディズニープラスのドラマ「すべて忘れてしまうから」で主演、原作は燃え殻

阿部寛がディズニープラスのドラマ「すべて忘れてしまうから」で主演、原作は燃え殻

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2022/06/23

ディズニープラス「スター」で独占配信される日本発オリジナルドラマシリーズ「すべて忘れてしまうから」で阿部寛が主演を務めていることがわかった。

No image

「すべて忘れてしまうから」

すべての画像を見る(全3件)

No image

燃え殻の同名エッセイを原作とするラブストーリー「すべて忘れてしまうから」で阿部が演じるのは、ミステリー作家の“M”。Mは5年付き合った恋人“F”とハロウィンの夜にささいなことで喧嘩をする。連絡を取らないまま3週間ほどが経ち、周囲から促されて失踪したFを探し始めるM。しかし周囲の人物が語るFは、Mの知る彼女とはまったく異なっていた。

No image

監督と脚本を担当するのは「あのこは貴族」の岨手由貴子、「さかなのこ」の沖田修一、「ドライブ・マイ・カー」の大江崇允。クランクインに際して、阿部は「久しぶりに日常を描く作品をやらせていただくので、自分の中で、今の年だからこそ、日常の何気なさからくる新たな発見みたいものが、どのくらいできるのかなという自分の内面に新たに挑戦する作品になるかなと思っています」とコメントした。

「すべて忘れてしまうから」は9月より配信される予定。

阿部寛 クランクインコメント

最初に本作の台本を読んだときの感想

日常の小さなできごとが描かれているので、本当に小さなことなんだけど、その人にとっては結構大きなことだったり、いつの間にか通り過ぎるような小さな瞬間が実は自分の人生を左右する一瞬だったりするんですけど、そういう日常の細かいことを主人公が何気ない会話で語っていくことが、自分の心に刺さっているとげのようなものをいつの間にか取り除いてくれるような、そんな心の優しい物語になっていくと思うんです。大きな事件だけでなく、小さなことが特別なことだったりするから、そういうのに気づかせてくれるような作品なんだと思います。

これまでさまざまな役を演じてきたが、今回は撮影前に何か準備などをしたか

特に準備はしていないです。何作か映画を参考に見させていただいたり、原作を読ませていただいたりとか、幸運なことに台本を一気に10話まで頂いたので、それを必死に読みました。あとは監督がどういう世界を作っていこうかということをどれくらい聞き出せていけるか、そして自分としてもあまり今までやったことがない、見たことがない自分が少しでもそこにいてくれるといいなと。できるだけ耳をたてて現場におとなしく存在したいなと思います。

本作への意気込み

久しぶりに日常を描く作品をやらせていただくので、自分の中で、今の年だからこそ、日常の何気なさからくる新たな発見みたいものが、どのくらいできるのかなという自分の内面に新たに挑戦する作品になるかなと思っています。

作品を楽しみにしている人へのメッセージ

まだ僕もよく分かっていませんが、今回の作品はいろいろなことに挑戦しようとしているみたいなので、僕自身もとても楽しみにしています。今日は初日なので、どんなことがこれから起きるのか、どんな出会いがあるのか楽しみです。

(c)2022 Disney

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加