ぐっすり眠れるようになると話題の快眠ヘッド整体「頭蓋骨はがし」って何?

ぐっすり眠れるようになると話題の快眠ヘッド整体「頭蓋骨はがし」って何?

  • @DIME
  • 更新日:2021/07/22
No image

Dr.HEAD「頭蓋骨はがし」

ECLADIAが運営する快眠ヘッド整体「Dr.HEAD(ドクターヘッド)」は、毎月23日の「不眠の日」(エスエス製薬制定)に「快眠していますか?」チェックをすることを推奨している。

厚生労働省が2021年1月に発表した「令和2年度 健康実態調査結果の報告」によると、睡眠時間は「6 時間以上~7 時間未満」が 32.8%(前年度 34.0%)と最も多く、次いで「5 時間以上~6 時間未満」24.1%(前年度 23.8%)。

また、睡眠時間の取れている度合いについては、「夜間、睡眠途中に目が覚めて困った」が 46.5%(前年度 45.0%)と最も多く、次いで「日中、眠気を感じた」が 39.4%(前年度 41.8%)となり、新型コロナ前の2019年より、新型コロナが感染拡大した2020年は睡眠時間及び睡眠時間の取れている度合い共に減少傾向にあることがわかった。

つまり、現在、私たちは新型コロナの影響により、働き方が変化したことで生活のリズムを崩したり、外出自粛で運動不足になったりと、今まで以上に睡眠不足になりやすい環境下におかれている。

No image

チェックリストに1つでも当てはまった人は、脳脊髄液(のうせいずいえき)の循環が滞っている可能性があるという。そこでDrHEADでは、脳を休ませる整体「頭蓋骨はがし」をすすめている。

「DrHEAD」は、頭の施術に特化したヘッド整体。単なる癒しやリラックスを目的とするのではなく、研究エビデンスに基づいた施術により、健康の「新陳代謝」を目指している。

全身の調子を確認し、不調の原因となる箇所を探っていくことで、一人ひとりの悩みの根本改善を意識した施術を提供。また、脳のパフォーマンスを最大化するために必要不可欠とされている快眠を得るために開発された「頭蓋骨はがし」を体験することができる。

「頭蓋骨はがし」とは、“眠活”にアプローチした施術。頭蓋骨は23個のパーツでできており、このパーツとパーツの組み合わさっているところ(縫合)を緩めることが「頭蓋骨はがし」という。

脳みそは「脳脊髄液(のうせいずいえき)」という液体に包まれており、この脳脊髄液に「睡眠物質(睡眠ホルモン)」が混ざっている。DrHEADでは、頭蓋骨を緩め、脳脊髄液をしっかり循環させると、睡眠ホルモンが頭に巡り、睡眠の質が上がると考えている。

快眠ヘッド整体「DrHEAD(ドクターヘッド)」の特長

1.寝させない施術

施術中、自身の身体を理解してもらうために、たくさん説明をするため、寝させない。睡眠×ヘッド×整体で、改善を目指す。

2.宿題

自宅に帰ってからも、施術を受けた状態を長くキープしてほしいため、簡単なセルフケア(宿題)を伝授。

店舗概要

店名:眠活ヘッド整体 DrHEAD(ドクターヘッド)
所在地:東京都新宿区西新宿7-7-33 新銘ビル B1F
(JR「新宿」駅西口より徒歩6分、「西武新宿」駅北口より徒歩7分)
TEL:03-6822-8011
営業時間:11時~21時(最終受付 20時)
定休日:年中無休
URL:https://dr-head.com

構成/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加