Googleの開発者会議「Google I/O」が5月18日から開催、参加は無料

Googleの開発者会議「Google I/O」が5月18日から開催、参加は無料

  • iPhone Mania
  • 更新日:2021/04/09
No image

Googleは、2021年5月18日〜20日の日程で開発者会議「Google I/O」を完全オンラインで開催する、と発表しました。イベント参加は無料となっています。

多彩な仮想コンテンツに参加可能

Androidオペレーティングシステムの最近のアップデートから、新たなコンセプト、ソフトウェアまで幅広く取り扱われる「Google I/O」は、2020年は新型コロナのため開催中止となりましたが、今年は完全オンラインイベントとして戻ってきました。

「Google I/O」は、5月18日〜20日の日程でライブ配信されます。

イベントの仮想コンテンツには、以下の種類が存在します。

コンシューマー向け基調講演とデベロッパー向け基調講演

企業やプロダクトのニュースに焦点を当てており、オンデマンドで再視聴が可能です。

テクニカルセッション

プロダクトについての発表や新しい機能の導入方法に焦点を当てています。セッションは3日間のイベントを通してスケジュールされており、オンデマンドで視聴可能になります。

ワークショップとAsk Me Anything Sessions(AMA)

対話型であり、参加するには予約が必要です。ワークショップはインストラクターの解説にQ&Aを取り入れた形式がとられます。AMAはGoogleプロダクトのエキスパートに質問をする機会として設定されています。

ミートアップ

ファシリテーターが進めるカジュアルでオープンなGoogle主催のフォーラムで、参加者はお互いに交流し合うことができます。登録と予約が必要です。

インタラクティブ サンドボックス

I/O Adventureで利用可能で、デベロッパーは、Googleの新しいプロダクトと機能をハンズオン形式で試すことができます。

Codelabと学習Pathway

Googleテクノロジーの導入に役立つ、常時開始可能なガイドなしの学習体験です。

なお、全体スケジュールは2021年4月下旬に投稿される予定となっています。

Source:GoogleviaAppleInsider
(lexi)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加