学校に行ってしまえば「楽しかった」と言って帰ってくる息子だが、行かせるまでが大変!/息子が学校に行けなくなりました。

学校に行ってしまえば「楽しかった」と言って帰ってくる息子だが、行かせるまでが大変!/息子が学校に行けなくなりました。

  • ダ・ヴィンチWeb(マンガ)
  • 更新日:2023/01/25

我が子が登校拒否になったら、親として一緒にどう乗り越えていくかはとても難しい問題です。

『息子が学校に行けなくなりました。』は、著者である花森はなさんの息子が、突然、学校に行けなくなったことから物語が始まります。

病院で診察を受け、病名は分かったものの彼の様子は変わらず…。学校の対応につらい思いをしたり、理解のある先生に助けられたりした日々を描いた本作は、母である花森さん親子の奮闘記です。

小学4年生になり、学校へ行けば楽しいと言う息子。でもだんだんと抵抗が強くなり、学校に行かせるのが一苦労だった。

※本作品は花森はな著の書籍『息子が学校に行けなくなりました。』から一部抜粋・編集しました

※この記事はセンシティブな内容を含みます。ご了承の上、お読みください。

『息子が学校に行けなくなりました。』を最初から読む

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

ダ・ヴィンチWeb

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加