こんなときだからこそ、ひとりグランピングデビュー! 自然に浸って贅沢リセット旅 - 「星のや富士」は、こんなに癒やされる

こんなときだからこそ、ひとりグランピングデビュー! 自然に浸って贅沢リセット旅 - 「星のや富士」は、こんなに癒やされる

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

クルマでキャンプの入門編? インフレータブルテントとは何か

長引くコロナ禍のストレス。家にこもって、おこもり生活するのも良いけれど、たまには外に出てリフレッシュしたいし、流行のアウトドア体験もしてみたいですよね。最近は、ひとり気ままにキャンプを楽しむ人も増えていますが、道具を揃えるのも大変だし、何より女子1人でキャンプなんて無理無理……。という方は、ひとりグランピングはいかがでしょうか?

ソログランピングの最高峰、星野リゾートが手掛ける日本初のグランピングリゾート「星のや富士」なら、1人でも楽しめるアクティビティが充実。 2021年2月からは、お一人様に嬉しいシングルユース優待プランが通年で登場しましたいつもの慌ただしい生活も、もやもやすることもぜーんぶ忘れて、自然に浸りながら“贅沢リセット旅”ができます!

1.楽しさとオシャレを兼ね備えたグランピングリゾート

都心から車で約2時間。山梨県の河口湖を見下ろせる山の中腹に「星のや富士」はあります。

「星のや富士」といえば、グランピングラバー憧れの地。グランピングという概念がまだ日本になかった、2015年にいち早くオープン。その後、人気に火がついたことで一気にグランピングがブーム化しました。

そんな人気リゾートへの旅は、山のふもとにある別棟の「レセプション」からスタート。ここで、滞在中に活躍するグランピンググッズが入ったバッグを選びます。キャンバス地のバッグは、A4サイズの用紙もノートパソコンも普通にすぽっと入る大きさ。男女問わず、どんなコーディネートとも相性が良いので、ずっと身につけていたくなります。

ここから先は、カッコいい星のや富士専用ジープに乗りこみます。 ぐねぐね曲がる道を駆け抜けながら、客室へ! 途中、急カーブで車を切り返すところが、また冒険心をくすぐります。
2.絵画のような景色をたっぷり楽しめる快適キャビン

チェックインの手続きは客室で。「星のや富士」では、客室ではなく「キャビン」と呼んでいます。建物は上下に分けられたデザインで、プライベート感しっかり。どことなく近未来感が漂っていて、ワクワクしませんか?

シンプルでバスコニーからの見晴らしが抜群に良いのが、キャビンの特徴。お部屋のタイプは、ツイン・ダブル・トリプルの3種類があります。インテリア雑誌に出てくるようなお部屋でステキですよね!

マグカップやコーヒードリッパーは、アウトドア製品を採用。軽くて丈夫なチタンシングルマグは、普段使いしたいぐらいオシャレです!

テラスに出ると、目に飛び込んでくるのは、視界いっぱいの大パノラマ。真正面に河口湖を望み、気持ちの良い風が頬を通り抜けていきます。

ここは春から秋にかけて、ゆったりと足を伸ばせる広いソファが置かれ、冬になると「おこた」でぬくぬくできる仕様に早変わり。1年中快適に「自然と一つになった感覚」を味わえます。

さて、ここで「星のや富士」を楽しみ尽くすアイテムの登場! 貸出用のバッグの中から双眼鏡を取り出します。テラスでは、双眼鏡を使って河口湖を大きくしてみたり、野鳥観察してみるのもおすすめ。何気ない景色も双眼鏡を通してみると、また特別なものに見えます。

テラスは電源もあるので、仕事を兼ねたワーケーションにもぴったり。鳥の声を聞きながらPCと向き合い、疲れたら絶景を見てリフレッシュ……。仕事もはかどるし、リラックスもできて一石二鳥です。
3.森の中で楽しむ、癒やしのアフタヌーンティー♪

キャビンでまったりした後は、ウエルカムスイーツがいただける! とのことで、森の中にあるテラスを目指します。

200段ほどの階段をのぼって、上へ上へ。普段、近場のコンビニへ行くぐらいしか運動をしない私にとっては、久々の良い運動。よく運動は脳に効くと言いますが、体があたたまってくると、自然と五感が研ぎ澄まされて行くような感じがします。

テラス脇に作られた「ライブラリーカフェ」は、ゲストがコーヒーなど自由に飲めるスペース。カフェインが苦手な人用の「デカフェ」があるのも嬉しい! ほかにも「ライブラリーカフェ」には、アウトドアや自然に関する本も置かれていて、好きな本片手に、おいしい1杯でひとやすみできます。
4.バウムクーヘンでほっこり甘い幸せを満喫

「ウエルカムスイーツです」とスタッフが運んできてくれたのは、スキレットにのった焼きバウムクーヘン。熱々をハフハフしながらいただきます。

フルーツ王国・山梨だけあって、トッピングで使用するフルーツにもこだわり有り! いちごの他に、ベリーや桃、ぶどうなど、そのとき一番おいしい旬のものを使っているそうです。

さらに「クラウドテラス」では、アウトドアスイーツの定番、焼きマシュマロも自由に楽しめます。焚き火で焼くから、マシュマロはカリッとふわっと、中はとろ~り。味がおいしいのはもちろんのこと、どんどんカタチが変化していくから、1人でも楽しめます。
5.アウトドアの醍醐味。薪割りにもチャレンジ

甘い幸せでお腹を満たしていると、森の中で薪割りをしているスタッフの姿を発見! 実は「星のや富士」では、薪割りも気軽に体験できるんです。

アウトドアに精通したスタッフ「グランピングマスター」が優しく手ほどきをしてくれるし、丈夫なプロテクターも貸してくれるから、女性も安心。ということで、薪割りにもチャレンジしてみました。

初めは難しいものの、何度かチャレンジしていると技量が上がって、「パッカーン! 」と薪が真っ二つに割れるようになります。薪がきれいに割れたときの爽快感はクセになりそう。これぞ、カ・イ・カ・ン!


6.出来たての燻製を味わう大人のおいしいアクティビティ

薪割りで心地よい疲労感を味わったら、次は楽しみにしていたアクティビティの時間! 家呑みが大好きな私は、1人でも参加できる「山麓の燻製づくり」を心待ちにしていました。

いざ、自分で燻製を作ろうとすると、専用の機械もいるし、チップも大量に購入しなきゃいけないですよね……。「山麓の燻製づくり」なら、3種類の中から好きなチップ(白州・富士桜・アップル)を選び、燻製機の中に入れて食材を温めるだけ。手ぶらで参加できて楽ちんです!

使用する食材は季節によって変わりますが、今回は、鮎、桜肉のベーコン、カマンベールチーズなどが用意されていました。

一番感動したのは、鮎の内臓をすりつぶした「うるか」をお腹の部分に塗った、鮎の燻製。噛めば噛むほど、鮎の旨味が出てきて、あまりの美味しさに悶絶です!

ぜひ、山梨生まれの「ウイスキーの飲み比べセット」と一緒に味わってみてください。大人のおいしい思い出が作れますよ。
7.テンション最高潮! ひとりで楽しむ絶景しゃぶしゃぶ

楽しみにしていた夕食タイム。周りを気にせず、ひとりゆっくり夕食を味わいたくて、今回はインルームダイニング(部屋食)をチョイスしました。

「山麓のしゃぶしゃぶ鍋」は、「星のや富士」で通年楽しめる人気のメニュー。吟味された3種類のお肉(国産の豚肩・牛モモ・牛肩)と、季節のお野菜、たっぷりキノコ、しめに山梨の郷土料理「ほうとう」まで付いてきます。

上質なお肉は、山梨生まれの赤ワインポン酢につけて。ワインの香りとコクが濃厚に効いていて、ポン酢の酸味とのバランスが絶妙。「美味しい~!!!」と、ビックリマークを2個も3個も付けたくなる美味しさです。
8.ひとり優雅な夜の森時間

夕食が終わり、夜の闇に森が包まれる頃。ふたたび、クラウドテラスへ行き、「焚き火BAR」を楽しみます。

パチパチと音を立てる焚き火で暖をとりながら、燻製ナッツとちょっと良いウイスキーを1杯。家では絶対に味わえない、心地よい大人の時間を満喫……。これぞ大人の贅沢です!

さらに、夜9時からは「森の演奏会」がスタート。森に溶け込むようなゆったりした音楽が宵の森に流れます。
9.気分爽快な朝の絶景

1人だから、起きる時間もマイペース。翌日もお天気に恵まれて、嬉しくなりました! 起きてすぐ、この絶景をひとり占めできるなんて、最高に贅沢ですよね。
10.お部屋で楽しむ、ふわふわパン付きモーニングBOX

ぐっすり眠った翌朝は、心身ともに絶好調。朝からお腹ペッコペコです。朝ごはんは、背負子を担いだスタッフがモーニングBOXをお部屋まで届けてくれました。

朝食が入った木の箱は、釣りが盛んな河口湖をイメージして、釣り道具を入れる「タックルボックス」を模したものだとか! 1つ1つにストーリーがあって、さすが星野リゾートですよね。

メニューは、ダッチオーブンに入れてふわっと香ばしく焼き上げたパン、サラダ、スープ、ヨーグルト、オムレツ、焼き野菜などなど。朝からボリュームたっぷりですが、グランピング気分で楽しめて、ペロッといけちゃいます。
11.無料で嬉しい、朝の森で行う空中ストレッチ体験

朝食後は、朝の森で行う「森の空中ストレッチ」の時間。クラウドテラスに集合して、「星のや富士」の中で一番高い場所まで移動します。

まずは、木立の間でゆっくり深呼吸。森林浴をしながら、木の間に吊り下げられたシルクの1枚布を使って、体を無理することなく伸ばしていきます。

最後は、布の中に全身すっぽり包まれた状態でゆらゆらするんですが、この浮遊感が気持ちいい! 本気で寝落ちしそうになります。

チェックアウトは12時。余裕があるので、最後の最後まで、森の中でひとり静かにリラックスします。風に揺れる紅葉や赤松の木々、キラキラ輝く木漏れ日、小鳥たちの美しい鳴き声。すべてが体に染み込んでいくようで、最高にリラックスできました。

<1泊2日で究極のくつろぎを! >
思いっきり遠くへ出かけたわけではないけれど、1泊2日で、リフレッシュできて、明日の元気もチャージできる「星のや富士」。たくさんの癒しとワクワクを体験しに、出かけてみませんか?

安藤美紀

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加