ヤクルト・高津監督 完封勝ちに「昨日、おとといと気分の晴れる2日間ではなかった」

ヤクルト・高津監督 完封勝ちに「昨日、おとといと気分の晴れる2日間ではなかった」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/15
No image

力投した小川(29)を祝福する高津監督(撮影・西岡正)

「ヤクルト1-0阪神」(15日、神宮球場)

高津ヤクルトが、今季7度目の完封勝利。首位・阪神を撃破し、ゲーム差は2・5に縮まった。

先発の小川が連敗を止めた。チームは引き分けを挟んで連敗中。昨夜は3点差を追いつかれ痛恨のドローだっただけに、エースの復調は大きな力となった。

小川は4イニング連続で先頭打者の出塁を許すも、要所を締めた粘投で後続はピシャリ。七回終了時点で高津監督から「完投しろ」と声をかけられたというが、八回に2死満塁となったところで交代した。

無念の途中降板も、試合後の高津監督は「イニングを追うごとにキレも出てきた」とし、「昨日、おとといと気分の晴れる2日間ではなかったので、本当はスカッと快勝するのが1番かと思っていました。まさか1-0で勝てるとは思っていなかったんですけど、僕以上に選手がしっかりグラウンドに立った証拠だと思います」と、選手たちをねぎらった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加