阪神・平田2軍監督 降格ロハスに「まだ5月だしね。落ち込むことなくこれからやっていこうと」

阪神・平田2軍監督 降格ロハスに「まだ5月だしね。落ち込むことなくこれからやっていこうと」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/05/15

阪神2軍は13日、予定されていたウエスタン・リーグのソフトバンク戦が天候不良により中止となった。12日に1軍登録を抹消されたロハスジュニアと秋山はこの日から鳴尾浜に合流。試合中止発表後、平田監督は今後の2人の見通しについて明かした。

No image

練習を終えたロハス(撮影・後藤 正志)

以下は一問一答。

――秋山とロハスが合流。

「ロハスとも話をして、まだ5月だしね。落ち込むあれもなく、これからやっていこうと。交流戦も終盤から始まってDHとかそういうこともあるんで、とにかくおまえの調子を上げるのがわれわれの役目だからと。きょうはDHで出る予定でした。あしたからは守備もコミュニケーションを取ってやろうかという話」

――打席数を多くするため。

「きょうは3番でしたよ。打席数を多くするとか、そんなブランクがあるわけじゃないので。ただ、ゲームに出て調子を上げるということですね。去年も経験しているので。秋山の場合はミニキャンプみたいにやるか?という話もしたんだけど本人がもうどんどんゲームで投げていきたいという話もしているので。そこは安藤(2軍投手)コーチと話をしてやっていこうということです」

――秋山は来週ぐらいに投げる。

「それは…言えないやん。投げていきたいって言うってことは…。そこまで俺に言わすなよ」

――スライド登板で14日は村上が登板。

「村上で行くんちゃうかな。桐敷と森木は(日曜日に)セットになる可能性はある。1軍がきょう中止になったらローテーションも変わるかもしれませんけど、そういうところでは予定はそうでした。もしきょうこれ(雨)になったら桐敷と森木とで行こうかという話です」

――藤浪も来週投げる。

「何曜日に投げるのかっていうのは聞いていない。上(1軍)との兼ね合いもあるのでなんとも…晋太郎と(伊藤)将司に関してはまだ聞いてないねん。これ本当の話。君らにうそついてね、隠すものはないやん」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加