塚本将也と田岡なつみが年間王者に JPSAロングボードツアー最終戦『さわかみCS ALL JAPAN 田原プロ』

塚本将也と田岡なつみが年間王者に JPSAロングボードツアー最終戦『さわかみCS ALL JAPAN 田原プロ』

  • FINEPLAY
  • 更新日:2021/11/27
No image

11月18日〜19日、愛知県田原市伊良湖 赤西海岸(ロコポイント)・大石海岸(ロングビーチ)で行われたJPSAロングボードツアー最終戦『さわかみチャレンジシリーズALL JAPAN 田原プロ -Challenge III-』。

優勝したメンズクラスの塚本将也(つかもと・まさや)とウィメンズクラスの田岡なつみが年間王者に輝いた。ルーキー・オブ・ザ・イヤーは菊池里騎(きくち・りき)と井上楓(いのうえ・かえで)に決定。以下、大会リポート。

偉業のツアー全優勝。田岡なつみの勢い止まらず

弱いオフショアと満ち潮の影響により、波はマッシーなコシ〜ハラサイズ。ロングボード向けの恵まれたコンディションのなか、決勝ラウンドがスタートした。

女子決勝はツアーランキング2位の吉川広夏、1位の田岡なつみ、ルーキーの井上楓、伊良湖ロコの岡村頼子の4人。ここで田岡が3位内に入るとグランドチャンピオン(年間王者)が決定する、瀬戸際の25分間だ。

1本目、田岡がライト方向の波にテイクオフ。ハングテンからカットバックを入れて、際どく掘れたセクションでハングファイブに移行。さらにフィニッシュでロールインし、8.33ptをスコア。リスクを負ったライディングで高得点を得た。

No image

田岡のハングテン c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

No image

カットバック c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

No image

掘れたセクションでハングファイブ c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

しかしこれ以降、パタッと波に乗らなくなる田岡。
この機を逃さず、吉川と岡村が追い上げにかかった。

長いハングファイブを見せた吉川が合計9.47pt(5.40pt/4.07pt)で2位へ。岡村が地元の利を生かしたライディングで合計11.74pt(6.17pt/5.57pt)で1位へ上った。

No image

吉川のハングファイブ c) JAPAN PRO SURFING ASSOCIATION

3位に引き落とされても、微動だにせず波を待つ田岡。突如ボードを反転させると、セットの大波にテイクオフした。

アウトからインサイドまでの長いレンジ。ハンズアップして上体を反らせる「ソールアーチ」のハングファイブから、ハングテン。さらに後ろで手をクロス——。

海外仕込みの優雅なライディングスタイルで、合計15.83pt(8.33pt/7.50pt)をスコアした田岡が優勝に輝いた。

The post塚本将也と田岡なつみが年間王者に JPSAロングボードツアー最終戦『さわかみCS ALL JAPAN 田原プロ』first appeared onFINEPLAY.

FINEPLAY編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加