いよいよ年の瀬 京都・南座で恒例「まねき上げ」

いよいよ年の瀬 京都・南座で恒例「まねき上げ」

  • 産経ニュース
  • 更新日:2022/11/25
No image

吉例顔見世興行が始まるのを前に、南座に設置されるまねき看板=25日午前、京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

京都に年の瀬の訪れを告げる歌舞伎公演「吉例顔見世(きちれいかおみせ)興行」(12月4~25日、うち12、19日は休演)を前に、出演する歌舞伎俳優の名前が書かれた看板を劇場正面に飾る「まねき上げ」が25日、京都市東山区の南座で行われた。

まねき看板は、縦約180センチ、横約30センチのヒノキ製。大入りの縁起を担ぎ、太く丸みを帯びた文字「勘亭(かんてい)流」で板いっぱいに東西の人気役者の名前が書かれている。

南座正面では足場が組まれ、午前0時ごろから取り付け作業を開始。午前9時過ぎに最後の一枚となる片岡仁左衛門さんのまねきが掲げられ計54枚の看板が並ぶと、通行人から拍手が上がり、劇場関係者らが清めの塩をまいて興行の成功を願った。

今年の公演は、花道近くの一部を除いて座席制限は設けずに開催する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加