こっくりと食べ応えのある"ラムとさつまいものクミン炒め"

こっくりと食べ応えのある"ラムとさつまいものクミン炒め"

  • dancyu (ダンチュウ)
  • 更新日:2022/11/28

ラムと鉄板の相性を誇るスパイスといえばクミン。じゃがいもを組み合わせた炒め物が定番のところ、あえてのさつまいもで、ほくほく感と甘味をプラス。スパイスが二つの具材の懸け橋に。スパイス料理でお酒を飲む楽しさは、一度体験したらやみつき必至。“スパイスと燗”を主軸に、ジャンルフリーの酒肴で魅了する西荻窪「Spice飯店」店主・岡本大佑さんに、家庭でも簡単につくれる絶品おつまみを習いました。

No image

■ラムとさつまいものクミン炒めのつくり方

豆板醤、クミン、花椒の香りと痺れのパンチが効いた西方流のスパイス感。オイスターソースの効いた甘じょっぱさはご飯のおかず向きかと思いきや、さつまいもの登用で不思議とお酒を呼ぶ味わいに。

おいしく飲むコツ

さつまいもは火が通りにくいため、素揚げする前にレンジで1分ほど加熱する。蒸されて甘味が増し、ほくほくの食感も加わる。味付けが濃厚なので、お酒も力負けしないコクのあるタイプを。ピエモンテの赤、ボルドーのメルロなどと好相性。

(1)さつまいもの下準備さつまいもは皮付きのまま厚さ5mmの輪切りにし、1片を2~3等分に切り、ラップをして電子レンジ(600W)で1分加熱する。

No image

(2)ラムを素揚げするラムに醤油、酒をふって軽くもみ、片栗粉をまぶす。170℃に熱した油にラム、1を入れ、さっと素揚げにする。

No image

(3)炒め合わせる別の鍋にサラダ油を熱し、Aを入れて炒める。香りが出たら2、カシューナッツを加えてあおりながら炒める。素材に火が通ったら紹興酒、黒酢、オイスターソースの順に加え、炒め合わせて完成。

No image

教える人

No image

岡本大佑「Spice飯店」店主

おかもと・だいすけ アジア旅行でスパイスに開眼し、東京・富ヶ谷にあるスパイス酒場「酒坊主」や、学芸大学にあるイタリアン「レインカラー」で修業。2019年に西荻窪にスパイスを使ったつまみと、燗酒やナチュラルワインを出す「Spice飯店」を開店。

この連載のほかの記事を読む

No image
No image

文:堀越典子 撮影:竹之内祐幸

dancyu

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加