人出増で再び感染拡大も...都はインド株検査強化へ

人出増で再び感染拡大も...都はインド株検査強化へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2021/06/10
No image

動画を見る(元記事へ)

10日に開かれた東京都のモニタリング会議で気になる指摘です。繁華街の人出が増加し、再び感染拡大に転じる可能性が高いと専門家が危機感を示しました。

再々延長された緊急事態宣言の期限が10日後に迫っています。

10日に開かれた東京のモニタリング会議では繁華街での夜間の滞留人口が宣言2週目に比べて32%増えるなど、再び人の動きが活発になっていることが指摘されました。

加えて警戒が高まるのがインドなどで確認されたウイルスの変異です。

国の通知を受けて東京都では今後、スクリーニング検査の対象をイギリス株からインド株へと切り替えます。

唯一の頼みの綱はワクチンですが、またミスが分かりました。

千葉県柏市によりますと、市内の診療所で希釈後の規定時間を超えたワクチンを医療従事者や高齢者34人に接種していたといいます。

原因は勘違いで、今のところ体調を崩した人はいないということです。

兵庫県西宮市の市民会館には朝からお年寄りが列を作っていました。

21日から兵庫県でも始まる大規模接種の予約ハガキを貰いに集まったのです。

予約はインターネットでも受け付けますが…。

78歳:「私らインターネットなんか、どないしたらいいか分からんから」「インターネット、よう使わんから、だから教えてもらって、きょう来た」

ただ、はがきでの予約の場合、日時は選べません。

市の担当者によりますと、列は120人ほどで予想より少なかったということです。

防衛省が運営する大規模接種に至っては10日時点で東京会場で約8割、大阪会場で約7割の予約枠が空いたままです。

こうしたなか、防衛省では…。

中山防衛副大臣:「65歳以上の方々であれば、全国どの地域に居住されている方でも予約を受け付けさせて頂くことにしました」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加