マンUがドンナルンマ獲得に興味...ミランとの契約延長も含め争奪戦は必至か

マンUがドンナルンマ獲得に興味...ミランとの契約延長も含め争奪戦は必至か

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/02/23
No image

ミランに所属するドンナルンマ [写真]=Getty Images

マンチェスター・Uは来夏、ミランに所属するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマの獲得へ動く可能性があるようだ。22日付けでスペイン紙『アス』が報じている。

現段階でドンナルンマは、ミランと今シーズン終了時点で満了する契約を結んでいるとされる。未だ契約延長のサインには至っておらず、来夏の移籍市場では他クラブがフリーで獲得できるような状況だ。

そんな同選手に対して、マンチェスター・Uが興味を抱いていると伝えられている。同クラブは30歳を迎えたスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの後釜として、22歳のドンナルンマを迎え入れたいと考えているようだ。

しかし、つい先日史上最年少でセリエA200試合出場を果たしたドンナルンマに対しては、ユヴェントスやバイエルン、パリ・サンジェルマンなどといった各国のビッグクラブも熱視線を送っているとされる。当然ミランも契約延長の交渉を行うと見られているが、果たして今後、ドンナルンマはどのようなキャリアを歩んでいくのだろうか。

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加