ソフトバンクのデスパイネが満塁弾でダメ押し 球団史上初のグランドスラム

ソフトバンクのデスパイネが満塁弾でダメ押し 球団史上初のグランドスラム

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/11/23

◇SMBC日本シリーズ2020第2戦 ソフトバンクー巨人(2020年11月22日 京セラD)

No image

<巨・ソ>7回1死満塁、右中間に満塁本塁打を放つデスパイネ(撮影・岡田 丈靖)

ソフトバンクのデスパイネがダメ押しのグランドスラムを放った。7―2の7回1死満塁から右中間席へ運んだ。

デスパイネは初回に三ゴロ、5回に右犠飛で打点を挙げており、6打点となり、シリーズ最多タイ記録となった。

この試合は2回に甲斐がソロ、3回にグラシアルが2ランを放っており、チーム3本目の一発でトドメを刺した。

日本シリーズの満塁弾は21人目だが、球団としては史上初となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加